Aspire One

2013/11/19

新型AtomプロセッサBay Trail-Tはネットブックの夢をみるか?

みなさん,ネットブック(wikipedia)っておぼえてますか?
ASUSのEee PCやAcer Aspire Oneをはじめとしたintel ATOMプロセッサを搭載した軽量ノートパソコンで,当初はWindows XP Home,その後はWindows Vista StarterやWindows 7 Starterなどの機能が限定されたOSつきで販売されていました.

元々はノートパソコンを置き換えるものではなく,当時開発されていた通称$100PC(OLPC)に対向するために安くインターネットやメールなどができることを目的として開発されていたのですが,intelのAtomというプロセッサが思った以上の性能で,Windows XPをそこそこのスピードで走らせることが出来たのです.

そうなるとノートパソコンが売れなくなるので,Microsoftは12.1inch以下の液晶であり,1GHzを超えないシングルコアCPU,主記憶は1GBまでといったハードウェアに制限を加えることでノートパソコンとの住み分けを考えました.

とはいえ,Starter版ではAeroに対応しないとか壁紙を変更できないなどという制限があり,Windows  7 Starterでは液晶のサイズは10.2inch以下でCPUはシングルコア2GHzまでとなっていたようです.

その後,iPadをはじめとしたタブレットが急速に普及するにつれて,intel Atomプロセッサを搭載したネットブックというのは販売されなくなっていきました.Atomプロセッサもそれなりに進化していたのですが,日本ではStarter版でしか販売できないのとノートパソコンも安くなってきたということもあり最近ではほとんどネットブックという言葉を聞かなくなりました.

でも一時は多くの人がネットブックを購入していたはずです.現に私もAcer Aspire Oneを購入し,この前久しぶりに使ったんですが思った以上に軽快に動くんです.

しかし,Windows XPが来年4月で実質的に利用できなくなるためにこのネットブックもLinuxに置き換えようと思っています.みんな来年Windows XPどうする?

続きを読む "新型AtomプロセッサBay Trail-Tはネットブックの夢をみるか?" »

2010/12/21

mozcが1.0にバージョンアップしたのでubuntu10.10にインストールしてみる

先日,Googleによる日本語入力ソフト(IME)の「Google日本語入力(Google IME)」からベータがとれてバージョン1.0となりました.
その際,GoogleIMEのオープンソース版であるmozcも1.0にアップデートしたんですが,私が使っているUbuntu10.10ではアップデートされないようです.
しかも,バージョンが古いまま【2010/12/10現在Mozc-0.12.410.102】なので,手動でインストールしてみることにしました.

インストールしたのは,(1) Acer Aspire One上のUbuntu10.10 (wubiにてWindows XPとデュアルブート)と(2) Virtualbox上のUbuntu10.10です.
実はVirtualbox上のubuntu10.10にはmozcがビルド出来ないという問題があるようで,Virtualbox上のubuntuには結局「憩いの場」さんがビルドしたものを利用することにしました.

追記[2010/12/23] 本日アップデートされたOracle Virtulabox4.0を使うことで,Virtulabox上のUbuntuでmozcビルドすることができるようになりました.なので,(2)のやり方ではなく,(1)のGoogle謹製のビルド方法が可能となりました.

続きを読む "mozcが1.0にバージョンアップしたのでubuntu10.10にインストールしてみる" »

2010/07/20

Asipre Oneの標準3セル電池を調教する

Aspire Oneの3セル電池が30分程度しか持たなくなってきたので日本セルをうたった互換電池を購入しました.

6セルの互換電池を購入したのですが,その電池の持ちは素晴らしいもので,3時間は持ってくれます.

しかし,6セルのバッテリーは蓋を全開にすることができず,120度くらいまでしか開きません.

また,標準の3セルバッテリーを使わないのはもったいないので,完全放電→充電→完全放電を数度繰り返したところ,バッテリーの持続可能が伸びてきました.

こういうことを書いてもちっとも定量的でないというお叱りをうけるだろうからYBinfo.exeというwindows用のバッテリー状態を閲覧するソフトを使ってみました.

YBinfo.exeは電池の詳細情報を表示します.今回注目したのは設計の容量と現在の容量の比較です.

最初YBinfo.exeで見たときには現在の容量÷設計容量が43%程度でしたが,いくどか完全放電→充電を繰り返すことにより90%台へと上昇しました.

現在のところのスクリーンショットを載せておきます.

Ybinfo_aspire_default

現在の容量/設計容量=22000/23760mWhということで,92.6%の容量に戻っています.

また,今回購入した日本セルを使った互換6セルバッテリーをYBinfo.exeで見たところ,設計容量は52920mWhになっていました.ということは,標準の3セルバッテリーの2倍以上の容量は持っているようです.

Ybinfo_aspire_gokan

いろいろ調べてみたのですが,リチウムイオン電池は完全放電すると良くないと書いてあるものが結構ありました.でも今回は使えなくなった電池の実験と思い完全放電してみたのです.

Windowsではコントロールパネルの電源オプションでアラームを切ることでほぼ0%まで使うことができます.

私の場合,0%になってもバッテリーの容量が残っているようだったのでBIOS設定画面(Aspire Oneは起動時にF2キーを押す)のまま放置することで完全放電させました.

こうすることで,現在では3セルバッテリーでも2時間弱使えるようになりました.

同様に,日本セル使用をうたっている互換バッテリーでも試したのですが,こちらは残り10%で電源が落ちてしまいます.

ということで,リチウムイオン電池も調教することで使用時間を伸ばす事ができるかも知れないという話でした.

しかし,Aspire Oneを使う時間が増えれば増えるほどAtomプロセッサの能力不足が露呈してきました.比較的軽いOSと言われているWindowsXPでさえ起動にかなりの時間を要します.

まぁ,いったん起動してしまえばそれなりに使えるのですが,wubiを用いてubuntu Linux10.04をインストールしてしまったらそのあまりの軽さにWindowsを使う時間が減ってしまいました.

ubuntu10.04を使っているのですが,かなり軽快に使うことができます.以前悩んだ無線LANなんかも一発で使えるし,WINEをインストールすることでIEもなんとか起動するしで仕事するんでなければUbuntuで十分な気がします.

Acer AOA150-Bb1の UM08A72 対応バッテリー(パールホワイト)
Acer AOA150-Bb1の  UM08A72  対応バッテリー(パールホワイト)
ロワジャパン
売り上げランキング : 90963


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010/05/31

Acer AspireOneのバッテリ交換[2010]

出張時に使っているAcerのnetbook「Acer AspireOne」のバッテリが持たなくなったので購入しました.

AspireOneはあんまり出番がないのですが,標準の3cellバッテリだとWi-Fi使用時は30分程度しか持たなくなってきました.

そこで,3rd Partyはじめ現時点で入手できるものを調べてみたら結構ありました.

3cellの純正品ですらこの状態なので,3セルバッテリを購入するのはちょっとためらいまして,結局は6セルバッテリを購入しました.購入したのは純正品ではなく,日本セルをうたっている互換バッテリです.

3セルに比べて6セルは大きくなりますが,本体の裏側が浮く感じになるので放熱効果は高そうです.

いわゆるネットブックは一時期世界中で売れたので互換バッテリもたくさん作られているんですね.iPhoneもそうだけど世界中で使われるスケールメリットってすごいと思います.

続きを読む "Acer AspireOneのバッテリ交換[2010]" »

2010/03/29

イーモバイルのUSB通信カードD02HWを買った.

年度末から新年度にかけて,知り合いが引っ越すのでネットワークがつなげるための緊急対策としてイーモバイルのUSB通信カード「D02HW」をイーモバイル公式ストアから購入しました.

イーモバイルのD02HWは中国Huawei Technologies Co. LTD.社製の下り7.2Mbp/上り384kbpsが上限の通信カードです.イーモバイルのwebからエリアを確認してみるとちゃんと7.2Mbpsエリアだったのでアウトレット品を先週の火曜に購入し,日曜日に宅急便で自宅に届きました.

2010/03/29現在の価格は\9,980でそのうち\5000分の通信料が含まれているので,実質的には\4980で購入したことになります.

イーモバイル公式ストアの「アウトレット」からD02HWを購入したのですが,購入時の個人確認としてクレジットカードの番号を入力しました.支払いはカードではなく,着払いで支払うことになるみたいです.

通信カードを購入したと言っても,二年縛りのある契約は解約が大変なので,アウトレットのプリペイド端末「EMチャージ」用端末として購入しました.

「EMチャージ」とは,プリペイド型の契約で,基本料金が1MB=\63【スタンダードプラン】,その他に選択型プランとして一時間定額\315,一日定額\630,一週間定額\2,205,30日定額\4,410があります.

EMチャージのすばらしい点の一つは,「30日定額」プランを選択すると,ほぼ月額\4,410で通信カードが使い放題になるという点です.

イーモバイルの7.2Mbpsの通常契約では,一年契約の「年とく割2」適用で「データプラン」が最安の上限\4,580となりますが,「スーパーライトデータプラン」で「年とく割2」適用で下限\580~上限\4,980,それ以外のプランでは上限が\5,580や\6,580となります.とはいえ,上限の安いベーシックプラン「データプラン【年とく割2】」などは端末の価格が二年契約よりも高額になっています.

イーモバイルの通常契約の料金プランはこちら

私がイーモバイルの公式オンラインストアを見てもどの料金プランが良いのかわかりません.どうも通常契約の場合は「新にねん」等の二年契約することで初期の端末の価格が安くなるようです.また,量販店などで販売されている1円パソコンなども別の2年契約がついてきますので,きちんと料金を把握してから購入してください.

一方,EMチャージではアウトレット品を購入することで端末の価格を比較的安く抑え,さらにはクレジットカードやwebmoneyを使って前金でチャージすることにより必要な分だけ使うという事が出来るのです.

そんなEMチャージにも不安はあります.それは,EMチャージの端末をネットワークに接続したときから課金が始まるというものです.スタンダードプランで契約している場合,最初にデータカードを接続し,そこでWindows Updateなんかが始まった日にはあっという間にチャージした金額を使い果たします.

さらに,自分で登録することでオートチャージが可能になりますので,オートチャージとスタンダードプランの組み合わせでとんでもない金額がチャージされてしまう可能性があるのです.

以上の不安があったのでイーモバイルのEMチャージの購入を控えていたのですが,今回は緊急の事案だったために必要に駆られて購入しました.

EMチャージでは,「EMチャージサービスサイト」に接続することで各種設定をすることが出来るのですが,このEMチャージサービスサイトに接続するのにイーモバイルの端末以外から接続できるかが不明でした.

Emcharge_service1


で,昨日届けられたD02HWの中にはSIMカードが入っており,SIMカードがついていたクレジットカードサイズのカードに電話番号がついていました.

この電話番号と購入時に入力した暗証番号[4桁]を登録することで,無事にPCからイーモバイル網を経由せずにEMチャージサービスサイトに接続できました.

実は登録時に二重ログインと言われたのですが,30分ほど待って再ログインすれば無事にEMチャージサービスサイトに入ることが出来ました.

この「EMチャージサービスサイト」には,次のメニューがあります.

Emcharge_top_2

・ご契約内容確認/変更
  ■ご契約サービス内容確認
  ■ご登録内容確認
  ■クレジットカード変更
・チャージ・プラン変更
  ■チャージ
  ■自動チャージ登録/解除設定
  ■プラン登録/解除
  ■自動プラン登録/解除設定
・ご利用履歴確認
  ■お支払い明細
  ■ご利用明細
・ログアウト
・トップ画面へ
・English

■ご登録内容確認の下には「ご希望お知らせメール」をチェックすることが出来ます.ここでは,

・チャージお知らせメール
・プラン変更お知らせメール
・残高下限お知らせメール
・残高有効期限お知らせメール
・プラン有効期限お知らせメール
・契約有効期限お知らせメール

Emobile_mail

に登録できます.いずれも@emnet.ne.jpからのメールなのでドメイン指定をするようにと書いてありました.EMチャージで重要なポイントの一つに,

・チャージした金額の有効期限はチャージした日から数えて90日で,これを過ぎると金額は0円になる

ということがあります.番号の有効期限は最後にチャージした日から90日に加えて360日となっています.チャージの最低課金は\2,000なので,90日毎に\2,000を入れておけばチャージされた金額はなくなることはありませんが,金額が0になっても番号の有効期限内にチャージすることで再びEMチャージとして使うことが出来ます.

また,「EMチャージサービスサイト」では「自動チャージ登録」と「自動プラン登録」を設定できます.自動チャージ登録では,条件として2つあり,

・チャージ残高が\1,000以下になった場合にチャージする【金額は自分で設定可能】.
・毎月指定された日にチャージする【金額は自分で設定可能】.

が選択できます.また,自動プラン登録では,選択型プランを自動で更新するかどうかの設定が出来ます.

なので,30日プランを継続して使うのであれば自動チャージ登録と自動プラン登録を組み合わせることで残高を気にせず使うことが出来ます.

私は自宅のPCからEMチャージサービスサイトに登録・接続してお知らせメールを登録し,30日プランに変更しました.こうすることでいきなりD02HWから接続しても課金されることはなくなりました.

Emcharge_30daysplan_3

上の図は30日定額プランに変更後の画面です.解除の画面になっちゃってますが,解除せずに使っています.

次にD02HWのインストールなんですが,今回は実験で私のAcer Aspire One【初代】でテストしてみました.D02HWはゼロインストールということで,D02HWをUSB経由で接続するとドライバがCDROMとして認識され,セットアップされます.ドライバとアプリケーションをインストール後再起動すれば準備完了です.

Aspire Oneを再起動させてD02HWを接続して「接続ツール」からつなげようとすると接続のボタンが押せないんです.

D02HWにはインジケーターがあり,赤の点灯は「圏外」,青の点滅は「圏内,未接続」,青の点灯は「接続中」なんだそうです.というわけで自宅は圏外でした.

で,ベランダに出てみると青の点滅を始めたので接続するとエラーでリダイヤルすること数回,やっと接続することが出来ました.

スピードテストをしてみると,速度はなんと55kbps.kですk.Mbpsじゃなくてkbpsです.正直Willcomの端末の方が速い.

その後,いろんなところでチェックしてみると調子が良ければ1Mbpsは到達しているのでD02HWの問題ではないようです.要は自宅が圏外というだけ.

まぁ,実際には自宅で使うことはないんですけど,「ベストエフォート型」のサービスはつないでみないとわからないという点ではとても恐ろしいものだと痛感しました.


イーモバイルの通常契約はこちら

2009/11/05

無料のウィルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」に変えてみた.

Mse_top

Microsoftが無料で公開をはじめたアンチウィルス・スパムウェア対策ソフトの「Microsoft Security Essentials」を導入してみました.Microsoftによると正規のWindowsXP以降であれば使えるようにありましたが,よく読むとこう書いてありました.

MicrosoftによるMSEのライセンス

1インストールおよび使用に関する権利。

○お客様は、本ソフトウェアの任意の数の複製を居住者による使用を目的としてまたは、在宅スモール ビジネスの使用を目的としてデバイスにインストールして使用することができます。

とありますので,SOHOでの利用は大丈夫だけれども企業での利用はライセンス上駄目ということですかね.なので,個人利用目的のPCやSOHOであれば自由に使えると考えて良いみたいです.

MSEのインストール
Microsoft Security Essentials(MSE)のインストールは実に簡単です.MSEのサイトからMSEをダウンロードし,出来ればネットワークを切断してから既存のウィルス対策ソフト・セキュリティソフトをアンインストールします.その後,再起動してからMSEをインストールします.インストール後,LANに接続してウィルス対策情報を更新します.MSEはインストール後にスキャンをしますので,最初は結構時間がかかりますが,それ以降は結構軽めなのではないかという印象です.

Mse_update1

MSEの利点としては設定可能項目が少ないと言うことです.たぶんデフォルトの設定のままで普通に使えるのではないでしょうか.ただ,データの更新の頻度についてはちょっとわからないところがあります.なので,一日に一度は「このコンピュータで,スケジュールされたスキャンを実行する」にチェックを入れておくと良いかもしれません.

Mse_update2

Microsoftは一日に一回は定義ファイルの更新を行っていると言っています.Windows Updateと連携していて,自動更新になっているとMSEの定義ファイルも自動で毎日更新されるようなんですが,どうも私のPCは更新されないようなので別の方法を調べてみました.

MSEは手動でも無理矢理日々の定義ファイルの更新をすることができます.上の図のように手動で更新できるけれども面倒くさいなあと思っていたら,なんとコマンドラインでアップデートできることを知りました.

Microsoft Security Essentialsまとめサイトによると,「コマンドラインで操作する方法」というページがありました.
これによると,コマンドプロンプトで「MpCmdRun.exe」を実行する際に「-SignatureUpdate」というオプションをつけると良いようです.

Vistaでは,MpCmdRun.exeは「c:\program files\security essentials\」ディレクトリに存在していましたので,このディレクトリに移動し,「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate」と入力すると新しい定義ファイルの更新を確認します.

このままでは面倒なので,「アクセサリ」→「システムツール」にある「タスクスケジューラ」に登録してみます.更新の頻度を決めて登録すれば自動で新しい定義ファイルをダウンロードしてくれます.

必要メモリについて



Microsoft Security Essentialsまとめサイト
によると,裏で動くプロセスは以下の3つだそうです.

    * Microsoft Malware Protection Command Line (mpcmdrun.exe)
    * AntiMalware Service Executable (msmpeng.exe)
    * MpCmdRun.exe
          o スキャン時のみ

うちのVista Home Premium君にMSEをインストールした状態で,タスクマネージャを起動してメモリを見てみたところこんな状況になりました.タスクマネージャでは,「全ユーザーのプロセスを表示する」にチェックしないとMsMpEng.exeが見えないようです(Vista).

Mse_memory_2


これによると,MsMpEng.exeは545,00K,msseces.exeは3,240Kのメモリ消費になっています.上にあるMpCmdRun.exeはスキャンやアップデート時のみのようなのでタスクマネージャにはあらわれていません.

Windows DefenderやWindows Firewallとの関連について

Microsoft Security EssentialsはWindows Defenderの内容を含んでいるために,Windows Vistaでは自動的にWindows Defenderがアンインストールされます.Windows XPではWindows Defenderをアンインストールした後にMSEのインストールをした方が良いようです.

また,Vista以降ではWindows Firewallの性能が向上しているので,自宅でブロードバンドルーターの内側にネットワークを組んでいるようなPCでは市販のファイヤーウォール製品まで導入しなくてもVistaに付属のWindows Firewallで十分のようです.なので,今回はMSEとWindows Firewallの組み合わせで使っています.

というわけで,我が家ではMicrosoft Security Essentialで良さそうです.

2009/07/31

Dropboxのキャンペーン

Dropboxは無料で2Gまでのファイルを同期できるネットワークドライブです.My Documentの中のDropboxフォルダにファイルを保存すると違うコンピュータでもログイン後に同期してくれます.

Linux版とMac版もあるのでWindowsとLinuxやMacOSとでファイルを共有するのはDropboxがお薦めです.

今ならキャンペーン中なのでこちらから申し込むと250MB容量アップで申し込めます(私も250MB容量がアップします).

このアカウントでは上限に達したので他の友達に紹介してもらってください.

追記  このblogではDropboxについて以下のエントリーがあります.

「ネットワークに保存するソフト「DropBox」がすごい!」(2008/11/08)
「Dropboxのキャンペーン」(2009/07/31)
「Dropboxを超えた!?Googleドキュメントを使ったクラウドサービス「Insync」を使ってみた.」(2012/01/10)
「DropboxやInsyncでATOKの辞書を同期させてみる」(2012/03/01)
「Dropboxの紹介でもらえる追加容量が256MB→500MBになったよ! 」(2012/04/05)

2009/05/18

Skypeに問い合わせた件で返事が来た

Skypeに月額プランのことで質問をしたのですが,さっそく返事が返ってきました.

要するにこういう事のようです.

・去年(2008/04)の時点での一年契約で支払う場合の金額はスペシャル価格であり,今年の更新の直前まで表示されていた金額はスペシャル価格のままで「誤表示」だった.現在は修正されている.

・オンライン番号がつく/つかないについて

今後新規に契約する場合にはオンライン番号はつかないが,去年の時点で契約している月額プランを継続更新するのであれば「オンライン番号はそのまま無料で」使えるとの事です.

なので,去年の4月以降に月額プランで契約している方は更新時に継続更新していればオンライン番号はそのままつくようです.ただし,1ヶ月契約の場合はどうなるんでしょうね.うちは1年契約だったから大丈夫なのかなぁ.

skypeの問い合わせが変更されている件

skypeの月額プランの更新の際に,skypeに問い合わせをしたけれどもなんの返事ももらえないという記事を以前書きました.

そうしたら,どうも日本語の問い合わせページは有効でなくなっているようで,以前の記事に書いていた日本語の問い合わせページがなくなっています.

skype日本語blogによりますと,skypeへの問い合わせは現在英語のページで行われているようです.以前あった日本語のページは送信しても読まれてない状況にあったらしく,現在ではリンクが切れています.

ということで,skypeに問い合わせたけれども返事がないという方は上のskype日本語blogの記事に沿って問い合わせてみてはいかがでしょうか.もちろん,日本語でも大丈夫とのことです.

(おまけ)実はそのエントリにコメントを残していたらskypeから返事が来たのは内緒.

2009/05/11

skypeの日本での広報代理店は「アップストリームアジア・ジャパン」らしい

skypeにたびたび問い合わせをしているのですが,一向に返事がもらえません.
というか,日本でのサービスにはかなり問題があることは否めません.

そんなskypeですが,iPhoneで使えるようになってまたメディアに出てきています.

通話料9割削減に成功! skype月額プラン&iPhoneでトクする方法

(日経トレンディネット)

ここでは競馬評論家の方がiPhoneの月額プランを使う事で通話料金が格安になったという記事がのっています.

この記事で気になったのは,「アップストリームアジア・ジャパン」という会社の存在です.
日本でのskypeの広報を担当しているとのことで,検索したらskype日本語blogにも出ていました.

2ページ目にはこのような事が書いてあります.

なお、月額プランは一度契約すると自動的に更新されます。現状、オンライン番号などは手動での更新手続きが必要ですが、月額プランはその手間が必要ないのでラクですね。契約内容の変更やキャンセルはアカウント画面から行えます。

いやいや,オンライン番号も勝手に自動更新されましたが?しかも直前までの見積もり金額とはだいぶん異なる金額で.

更に言うと,「契約内容の変更やキャンセルはアカウント画面から行えます」とありますが,実際に変更やキャンセルできなかった人たちが公式のskype user forumで書き込んでいますがskypeからの返事は一切ありません.

3ページ目
には噂のオンライン番号についての記述があります.

 「月額プランをはじめ、skypeのサービスは電話できる国の増減など常に見直されています。月額プランにオンライン番号が付いてくるかどうかですが、結論からいうと現在は付いておらず、割引額で購入していただくようになっています。公式サイト上で表記にバラつきがありますが、現在ルクセンブルグにある本社へ変更作業を依頼しているところです」(skypeの広報代理店・アップストリームアジア・ジャパン)

ということで,公式見解が出ましたね.「skype月額プランにオンライン番号はつかない」ことで決定です.

iPhoneを購入してskype月額プランを考えている方,「日本の固定・携帯電話へは番号通知されない」ことを確認の上で契約して下さいね.



より以前の記事一覧

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析