« 携帯電話第三者課金サービス【G-call,楽天でんわ】をまとめてみた | トップページ | 筆自慢2008simpleをWindows8.1(64bit)に無理やりインストールしてみた »

2013/12/26

きれいな年賀状を作りたい[デジカメ年賀状2014]

毎年,年賀状を知人に出しています.今年(というか来年)はいつもよりきれいな年賀状を作りたいということで本屋山に行って「デザイン年賀状」っぽい本を探していたのですが,ついに見つけました.

書店やコンビニにおいてある本の多くは「簡単」だとか「すぐできる」みたいなキャッチコピーが並んでいて,写真を入れて印刷したら終了!みたいなもので,Photoshopやその他ソフトで工夫して作成するというものは多くありません.

そんな中,デジカメ年賀状工房2014というムックを見つけたので購入しました.

この本はデザイナーの方たちに作ってもらったデザイン集なんですが,他のソフトと異なりGimpとPhotoshopのデータが収録されているんです.もちろんそれぞれのデザインについてどのようにして作成するのかを比較的詳しく書いてあるんです.

毎日コミュニケーションズさんらしく,Gimpも付属してGimpのインストール方法や簡単な使い方も載っています.

例えば,「デジカメ年賀状工房2014」(blog「働くクリエイターママのHOP!STEP!YASUME! by ぺち子MAMA」)では実際にこの本にデザインを納入したデザイナーさんがエントリーを書いています.これを読んでもらうと普通に写真を挿入して印刷するというものではないことがわかってもらえるはず.

実際にGimpをインストールしてやってみたんですが,Windows8.1(x64)上では付属のGimpでは日本語の文字を入力してフォント変更しようとするとGimpが落ちるというトラブルが発生しましたが,現時点で最新のWindows版Gimpをインストールすることで解消しました.
また,Gimpを使って作成したファイルをJPEGにして印刷する際に,Gimpから印刷しないほうが良いと書いてありました.JPEGファイルを印刷するだけなんですが,四辺ふちなし印刷もあってか四隅がきれいに印刷されずに困りましたが,結局はCorel PaintShop ProX6で印刷することで解決しました.この辺は実際にやってみないと分からないところです.

しかし,今回は仕上がりに大満足です.今までこの手の本を購入していなかったので,「もっと前に見つけていたら…」という気持ちです.

おかげで写真を7枚使ったデザイン年賀状を無事に完成することが出来ました!

AdobeのPhotoshopやPhotoshop Elementsを使っているユーザーは,Adobeからテンプレートをダウンロードするのが一番のようです.

« 携帯電話第三者課金サービス【G-call,楽天でんわ】をまとめてみた | トップページ | 筆自慢2008simpleをWindows8.1(64bit)に無理やりインストールしてみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析