« きれいな年賀状を作りたい[デジカメ年賀状2014] | トップページ | 楽天Kobo Desktopアプリをいち早くPCから閲覧する方法【裏ワザ】 »

2013/12/26

筆自慢2008simpleをWindows8.1(64bit)に無理やりインストールしてみた

私は年賀状のデータベース管理に「筆自慢」というソフトを使っていました.それこそ15年くらいになるでしょうか.筆自慢は以前はパッケージ販売されていましたが,一度無料版となり,その後はVectorによるダウンロード販売などを経て「筆自慢2008simple」を最後に販売を終了しています.

今まではVistaで筆自慢を使っていたのですが,今回PCを入れ換えてWindows8.1 Professional 64bitにアップグレードしたために筆自慢が動作するかを検証する必要があり,実験を行いました.

まずはインストール必要なファイルを見つけることからはじめました.私は2007年11月にVectorから購入していたので,その時のプログラムを探し出すことが一番大変でした.

それさえ見つかればあとは簡単.最初にファイルの保存場所を聞かれたので任意のフォルダーを指定し,その後はデフォルトのままでインストール.インストール終了後,プログラムを右クリックで「Windows XP互換」と「管理者として実行」にチェックして起動すれば普通に使えました.

住所録の更新,表書き(自分の住所),裏書き(妻の実家分)等をWindows8.1 64bitで行いましたが無事に動作しています.もちろん動作保証なんてありませんので各自の責任のもとでやってみてください.

とはいえ,筆自慢のデータを使いたいだけなのでそろそろCSVに書き出してバックアップを取らないといけませんね.

インストール中のスクリーンショットを撮っていたので載せておきますね.

20131223_124409

20131223_124429

20131223_124500

20131223_124510

20131223_124609

« きれいな年賀状を作りたい[デジカメ年賀状2014] | トップページ | 楽天Kobo Desktopアプリをいち早くPCから閲覧する方法【裏ワザ】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析