« TNCテレビ西日本放開局55周年記念ドラマ「めんたいぴりり」と川原俊夫さんについて | トップページ | 福岡市中央区天神周辺の駐車場を探してみた【日曜:長時間駐車】 »

2013/09/10

【博多の食と文化の博物館】ハクハクに行ってきた

我が家はこの夏「めんたいぴりり」にハマってしまいました.めんたいぴりりについてはTNCテレビ西日本放開局55周年記念ドラマ「めんたいぴりり」と川原俊夫さんについてに詳しく書いたのでぜひ御覧下さい.夫婦だけでなく二人の子供達もめんたいぴりりが大好きで,なぜだか放送終了後もドラマを自宅で再放送している状態です.

めんたいぴりりは福岡は中洲にある「味の明太子ふくや」の物語(ドラマではふくのやになってますが)なのですが,その「味の明太子ふくや」の工場を今年から一般に有料で見学できる施設「ハクハク」としてオープンしていたので,この夏2回にわたって家族で行って来ました.

2回に渡ってというのは,最初行った時にはラインが止まっていたのと,見学ツアーが終了していたために再度チャレンジしたのです.なので2回目には「めんたいこ手作り体験」もやって来ました.

今回は「ハクハク」の紹介をしていきたいと思います.

ハクハクは福岡市東区社領にあります.車で行く際には国道三号線「二又瀬公園」の交差点から入って行くと右手に黄色の看板が見えてきます.

大きな地図で見る

ハクハクに到着するとまず舁き山がありました.川原社長は山笠が好きだということで実物大の舁き山が置いてあります.

Hakuhaku13_2

入場料は大人300円,小学生以下は無料となっています.

工場見学ツアーは無料で,「my明太子作り」は1人1500円です.1500円は高いかなぁと思ったのですが,体験した人限定のストラップと結構大きめの冷凍剤?がついているのでかなりお得でした.

P9080684_3

これが限定のストラップです.

ハクハクは大きく分けると博多の食と文化を紹介したゾーン(ミュージアム),工場見学ゾーン,体験工房,ショップ,カフェに分かれています.

ミュージアムでは山笠の3D映像の上映やラーメンやうどんなどの博多の食の紹介,工芸品の展示があります.Androidタブレットを使った体験ゲームや,実際に体を使ってサメ釣り?したりラーメンの麺の湯切りをしたりといった体験が出来ました.

Hakuhaku4_2

博多の「おきうと」です.

Hakuhaku6_2

Hakuhaku5_2

webにある「丸一日楽しめる」というのはちょっと無理がありそうですが,見学ツアーと体験などで半日は楽しめそうです.

工場見学ツアーの時間ですが,私達が行った時には
・10:10
・11:40
・13:00
・15:15
の4回開催になっていました.予約は不要ですが,開催時刻は予め確認しておいたほうが良さそうです.入り口に開催時刻が掲示してありますので,その時間になったら集合場所に行くだけです.

P9080659_2

この工場見学はかなりお勧めです.というのも,最初ハクハクに行った時には工場見学ガイドツアーが終了していたので自分たちで見て回ったのですが,工場見学ガイドツアーではガイドからきちんと説明があり,さまざまな話を聞くことが出来ました.

Hakuhaku7_2

上の写真は最初行った時のものです.工場が終了していたので何も見られませんでした.

良かったら工場見学ガイドツアーは無料なのでぜひ参加しましょう.

また,2Fの工場見学ゾーンの最後にはふくやの創業当時の店舗を再現したコーナーもあります.

Hakuhaku9_2

Hakuhaku8_2

明太子は当初このような金魚鉢に入れて販売していたようです.

 

次に,「my明太子作り」の体験についてです.

個人利用の場合は3日前までに予約が必要です.とは言え,私達が参加した日は11時からの体験だったのですが,当日空きがあれば参加出来てたようでした.

P9080683_2

これが1人用の明太子です.

P9080686_2

手前が粉末の唐辛子で奥が調味液です.

P9080731

きちんと手袋と帽子をして作業します.手順はプロジェクターで壁に映像を出しながら説明するのでわかりやすいです.

P9080746

こんな感じで唐辛子を入れた後に調味液をかけます.唐辛子を入れなくても調味液の中に入っているんだそうで,辛いのが苦手な人は唐辛子を入れなくてもいいと言われました.

P9080767_2

このように空気を抜きながら輪ゴムで栓をしたらほぼ終了.

P9080770_2

名前や漬け込み日,出来上がり日,賞味期限をボールペンで書いたら終了です.

体験が終了したらおみやげコーナーで福岡のおみやげやふくやの明太子を購入することが出来ます.明太子にいたっては無料の試食?コーナーがあってほぼ全種類の明太子を味見することが出来ます.

カフェではめんたいフランスやここだけの「めんたいモチ」などが販売されていました.

福岡に来る際にはぜひこちらによって欲しいのと,福岡に住んでいる人もぜひハクハクで体験してみて下さい.

おまけ うちの子どもが一番喜んでいたのがこのめんたいこのかぶりもの.

Hakuhaku1

P9080642

玄関前の日付が書いてあるボードの前で記念撮影!

ふくや味の明太子360g

ふくや味の明太子360g
価格:3,150円(税込、送料別)

ふくや味の明太子600g 【送料無料】

ふくや味の明太子600g 【送料無料】
価格:5,250円(税込、送料込)

« TNCテレビ西日本放開局55周年記念ドラマ「めんたいぴりり」と川原俊夫さんについて | トップページ | 福岡市中央区天神周辺の駐車場を探してみた【日曜:長時間駐車】 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析