« Inkscape (Win)でLaTeX数式を使えるようにする | トップページ | 7人乗りの小型ミニバンの燃費を調べてみた[2013] »

2013/05/07

Adobeが2013年6月から定額制の「Creative Cloud」へ移行するという話

2013年5月7日にAdobe様がCreative Suiteを定額クラウド化するという発表がありました.「Adobe、クリエイティブ製品群の定額制「Creative Cloud」への移行を発表」(ITmedia)によると,6月からは定額制の「Creative Cloud」への移行をはかるとのことです.
これにより,従来のパッケージはバグ修正とアップデートのサポートはするものの機能向上はないと明言したようです.

Adobeによると,個人向けプランでは単体アプリのサブスクリプション契約が月額2,200円,通常版が月額5,000円とありますが,月額版は年間契約が必要とあるので年間60,000円と考えた方がいいでしょう.
今回は特別に月額3,000円(CS6ユーザーは2,200円)でCS3以降のユーザーに利用できる「特別提供版」がありますが,これは初年度優待価格.

学生・教職員版もCreative Cloudは年間プラン月額5,000円になるらしく,6/25までなら40%オフとWebであおっております.しかしこれも期間限定の特別価格.

とりあえず従来のCreative Suit6の購入は出来るようなんですが,Adobeによると「Adobe Creative Suite® 6製品は引き続き永続ライセンス版としてご購入いただけますが、永続ライセンス版におけるバージョンアップや新機能の提供は、予定されておりません。最新の機能やサービスをご利用いただけるAdobe Creative Cloudもご検討ください。」とのことです.

当面はCS6の販売を辞めることはなさそうなんだけど,通信講座付きでCS6を安く買えるというビジネスモデルはCreative Cloudでどうなるんだろうか.

« Inkscape (Win)でLaTeX数式を使えるようにする | トップページ | 7人乗りの小型ミニバンの燃費を調べてみた[2013] »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析