« [2013]新しいFFmpegを使ったらTS→MPEG2変換が高速になってた! | トップページ | 最新のFFmpegでx264を使ってエンコードする »

2013/03/26

[2013]SpamCop.netで迷惑メール対策をしてみる

iPhone5のMMSに迷惑メールが来るようになったので,なんとかしようとしてたらspamcop.netというサイトを知りました.$15寄付?(add funds)すると15MB分のメールデータを解析して苦情(abuse)としてそれぞれのメールアドレスに自動転送してくれるという優れもの.無料で使う場合には迷惑メールを特定のメールアドレスに転送するか,教えてくれる苦情窓口に自分でメールを送信するかすればよいみたい.

Spamcop1

話の本筋とは異なりますが,ソフトバンクのiPhone5を使っているのですが,迷惑メールフィルター強にして受信した迷惑メールはa@b.cに転送することで迷惑メールはかなり防ぐことが出来ます.現在はMMSに迷惑メールは来なくなりました.

Spamfilterkyou


さて,Spamcomですが,spamcop.netにあるRegister Nowから登録をして認証すれば使えるようになります.登録に必要なのはDisplay NameとEmail addressのみ.しばらくして登録したアドレスに「SpamCop authorization」というタイトルのメールが来ます.そこにあるusername(メールアドレス)とpasswordを使ってログインします.

ログインしたらトップメニューの「Preference」にあるAdd fuelからクレジットカードかPaypalを使用した寄付が出来ます.購入できるのはテスト用の$2で1MBの容量,$15で15MB,$25で25MB,$50で50MBの容量があります.この容量は自動申告するメールのサイズによるようで,2MBだと合計2MB分のメールを解析して自動で申告先に申告してくれます.こちらはクレジットカードで,右側にはPaypal用の同じ画面が出ています.今回はPaypalを使用して$15分購入してみました.

Spamcop2

Add Fundsすることで15MB分のメールを自動で適切な申告先に送信してくれます.例えば,今回扱うメール本文はこんな感じ.

Niftyspam1

メールソフトでソースを表示し,Spamcop.netの「Report Spam」内のボックスに貼り付けて「Process Spam」すると自動で解析してくれます.そうするとSpamcop.net側で解析した結果が表示されます.画面上部には自分のメールアドレスなどを排除したヘッダが表示され,下部にはヘッダから解析した文章が表示されます.今回は124.126.130.197というIPアドレスから送信されていることが判明し,whois情報からabuse先のメールアドレスを調べてきてくれます.でもここはhotmailが連絡先になっているので送信しても無駄っぽい.

Spamcom_report1

Spamcom_report2

Spamcom_report3

その下には,メール本文中にあった.mobiドメインへのリンクから219.87.170.37というIPアドレスを探してきました.連絡先はspam@anet.net.twとあり台湾の業者らしい.

その下に「Report Spam to:」があり,上で出てきた連絡先へと自動で苦情を送信出来るようになっています.Preferenceで自分のメールアドレスに転送するようにしているので私のメールアドレスも表示されています.もしもSpamcopが解析した以外へ苦情を送信したい場合にはアドレスやコメントを加えることも可能です.

Spamcom_report4

今回は124.126.130.197と219.87.170.37について苦情(abuse)を送信したいのですが,メールを送信した124.126.130.197はhotmailが連絡先となっているのでその上流のbjtelecom.netのabuseを検索.こんなときに便利なのはaguse.jp

aguse.jpの画面で「124.126.130.197」と入力し「調べる」を押すか,「メール」に切替えてメールのヘッダを貼り付けるかすると詳細が表示される.今回はメールヘッダを貼り付けてみた.

すると,Aguse.jpが送信経路の偽装を発見.真の送信元が「124.126.130.197」であると教えてくれます.

Spamcom_report5

aguse.jpで調べた画面下には管理者情報,ドメイン情報が表示されています.今回は管理者情報だけ.

Spamcom_report6

一番下の「その他の情報」ではほとんどブラックリスト判定

Spamcom_report7

このままではどうにもならないので送信元のbjtelecom.netの苦情先を調べる.ここで便利なのがAbuse.net

右上の検索バーに「bjtelecom.net」と入力して検索すると「bjnic@bjtelecom.net」が表示されたので追加でこのアドレスにも転送することに決定.

また,メール本文のリンクにあった.mobiドメインのIPアドレスである219.87.170.37をaguseで検索.逆引きホスト名が「219-87-170-37.static.tfn.net.tw」であり,同一サーバ上の他のウェブサイトが10あることも判明.これらすべてが219.87.170.37に繋がるようになっている.

Agusejp1

aguse.jpによるとこのIPアドレスは台湾のtfm.net.twであり,abuse.netによるとspam@anet.net.twとtwcert@cert.org.twの2つのアドレスが書いてありました.spam@anet.net.twへはspamcopが自動で転送してくれるので,今回はtwcert@cert.org.twを追加することに.

こうしてSpamcop.net経由で申告するとuserid@reports.spamcop.netの名前でメールが送信されます.件名は「[SpamCop (124.126.130.197) id:xxxxxxxxxxx]」で始まります.7bitで送信されているので日本語が文字化けしていますが,メールの頭はこんな感じで送信されています.

[ SpamCop V4.7.0.111 ] This message is brief for your comfort.  Please use links below for details. User-targeted report, see notes, if any. http://www.spamcop.net/w3m?i=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx 124.126.130.197 is open proxy, see: http://www.spamcop.net/mky-proxies.html

メールを貰ったISPは上のリンクを踏んで,次の中から選択することが出来ます.
・I am not the right person to contact about this.
・This message is not spam.
・Add a note to this issue.

Spamcom_report8

もしISP側が何らかの応答をした場合にはSpamcop側からメールが届くはずです.現状ほとんど応答がないのですが…

Add fundsしてない場合でも転送メールアドレスは持つことが出来るので,SPAMを指定のメールアドレスに転送することでSpamcomが処理してくれるようです.

とまぁ,かんたんにまとめましたが,海外からの迷惑メールに関してはどうも止まらない状況は変わらないのかなと思いました.根本的な解決方法がないので一つ一つ地道にやっつけていくしかないのと,向こうが無視したらそれで終わりというのもねぇ.

« [2013]新しいFFmpegを使ったらTS→MPEG2変換が高速になってた! | トップページ | 最新のFFmpegでx264を使ってエンコードする »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析