« LibronがFirefoxに対応しなくなったのでGreasemonkey版Libronをインストールした | トップページ | Acrobits Softphoneを使ってFusion IP-Phone Smartを使ってみる »

2012/12/10

Microsoft Office 2013の価格が発表されたけど今ならOffice 2010購入→Upgradeがオトク

2012/12/07に日本マイクロソフトは「Office 2013」の日本市場向けの参考価格を公開して予約を開始しました.

日本におけるパッケージ構成はこのようになっています.

Microsoft Office Personal 2013 」はWord 2013,Excel 2013, Outlook 2013のセット,「Microsoft Office Home and Business 2013 」は上記に加えてPowerPoint 2013とOneNote 2013,「Microsoft Office Professional 2013 」と「Microsoft Office Professional 2013 アカデミック 」は「Access 2013」と「Publisher 2013」を加えたフルセットになっています.

今回はこれに加えて「Microsoft Office Professional 2013 アップグレード優待パッケージ [プロダクトキーのみ](発売記念:数量限定)」なる商品が数量限定で発売されます.

しかし,この価格を見ると,Windows 8 Upgradeでバーゲンプライスで打って出たマイクロソフトとは思えない高価な設定です.2012/12/10現在でAmazon JP価格はPersonal 28,227円,Home and Business 2013は32,601円,Professional 2013は56,511円というものです.

こりゃ買えないねと思っていたらちょっと裏技が.現在発売中のOffice 2010を購入すると時期Officeへの無償アップグレードが保証されるのだそうです.

新規インストール用のOffice PersonalはMicrosoft Office Personal 2010 通常版 [パッケージ]Microsoft Office Personal 2010 通常版 [ダウンロード] が同じ価格の26000円です.

Office Home and Business 2010はMicrosoft Office Home and Business 2010 通常版 with Wedge Touch Mouse Microsoft Office Home and Business 2010 通常版 [パッケージ] が26,980円でMicrosoft Office Home and Business 2010 通常版 [ダウンロード] が26,000円です.

また,Office Professional2010はMicrosoft Office Professional 2010 通常版 [パッケージ] が44,097円でMicrosoft Office Professional 2010 通常版 [ダウンロード] は43,600円です.

また,従来のOfficeからのアップデートである「アップグレード優待」は2013からなくなりました.このアップグレード優待であればかなり安く購入できます.

これだとダウンロード版では2012/12/10現在でAmazon JP価格はMicrosoft Office Personal 2010 アップグレード優待 [ダウンロード] は12,544円,Microsoft Office Home and Business 2010 アップグレード優待 [ダウンロード] は19,816円,Microsoft Office Home and Business 2010 アップグレード優待 [パッケージ] は22,050円,Microsoft Office Professional 2010 アカデミック [パッケージ] はパッケージのみで23,940とものによっては半額近いものも.

これでは2010を購入する方がはるかにお得ですね.

今までさんざんこのblogで書いているように,内外価格差はMicrosoftの場合ほとんど改善されていないようです.USではOffice 2013の価格が発表されていないのかMicsoroft.comにもAmazon.comにもありませんが,米メディアによると,
Office Home & Student 2013  $139.99
Office Home & Business 2013 $219.99
Office Professional 2013    $399.99
のようです.

Amazon.com見てるとOffice 2010でもProduct Key Cardだとか1PC/2PCだとかで価格が異なるのでUSでの価格発表を見ないと何とも言えませんが,Microsoftにとって日本のマーケットは狩り場であるのは確かなようで.

個人が家庭でOfficeを利用するなら日本で販売されていないOffice Home and Student 2010をAmazonで買うのがベターな気がします.中国語版を購入し,数千円で日本の言語パックを購入すれば3台までインストール出来るものもあります.このあたりは以前書いたエントリー「日本で未発売の非商用3台インストール可の「Microsoft Office Home and Student 2010」を日本語Windows Vistaにインストールしてみた」をご覧ください.

« LibronがFirefoxに対応しなくなったのでGreasemonkey版Libronをインストールした | トップページ | Acrobits Softphoneを使ってFusion IP-Phone Smartを使ってみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析