« Koboで購入したAdobe DRMのファイル(acsm)をAdobe Digital Editorsで読む方法 | トップページ | CorelのBlack Friday Sale 2012は日本から買えるようになってた »

2012/11/20

【キューブ】もう日産の車なんて買わないよ絶対【エアミックスドア】

もちろんタイトルは槇原敬之の「もう恋なんてしない」にかけてます.

エアコンが効かない!

さて,我が愛車キューブキュービック君(2003年登録)のエアコンが先週から冷たい風しか送らなくなりました.エアコンの効きが悪いのだろうと自分に言い聞かせていたのですが,去年エアコンが壊れたときに調べた「エアミックスドア」が折れた症状にすごく似ていたので気になってディーラーに駆け込みました.

去年の記事は「日産キューブキュービックBZ11(初期型:2003年)のオートエアコンが効かない!→エアミックスドアか??【解決】ブロアコントロールアンプの故障でした」に書いた通り,エアミックスドアの故障ではなくてブロアコントロールアンプの交換で済んだのですが,前回と異なり今回は,
・風は送られてくる
・冷たい風しかこない
という点からもエアミックスドアではないかと確信しました.

旧型キューブ,キューブキュービック,マーチの3兄弟では,オートエアコンの冷風と温風とを切替える「エアミックスドア」がよく折れるのだそうです.この部品自体は1500円程度なのですが,こともあろうにこのエアミックスドアの場所が車のダッシュボードから開けてほとんど分解しないと交換できないらしく,以前は工賃だけで5万円という代物でした.

しかも,この3車種はかなり売れたおかげで現在でも多くの車が走っています.これらのいくらかがエアミックスドアが折れているらしく,ネットで「エアミックスドア」と検索するだけでユーザーの怨嗟の声が聞こえてきます.

日産もこのことは理解しているようですが,サービスキャンペーンなどにはなっておらず,当然人命に関わることでもないのでリコールにもなっていません.

某日産ディーラーにて

ということで,昨日ディーラーに行ってきたら予想通り「エアミックスドア」でした.

担当の方曰く,もう古い車なので夏と冬の時期前にこちらに来てくれれば冷房と暖房には切替えられますのでそれではどうでしょう?と言ってきました.本当はディーラーとしてはお金を払って貰うのが良いのでしょうが,10年目の車に多額の修理費用の負担をお願いするのも…ということのようです.

それならタダで冷房と暖房が使えるからそれでいいや!と思って話を聞いていたら,エアミックスドアが壊れているので冷房と暖房の切替だけは手動で行うけれど,どちらも温度調節がきかないので暖房なら熱風が,冷房なら超冷たい風がそのまま吹くらしい.

しばらく悩みましたが,文句を言ってもしょうがないのでディーラーで修理して貰うことにしました.見積もりは総額47649円で,その内訳は1500円程度のエアミックスドアとオーリング,エアコンのフロンガスなど合計およそ1万円の部品代と4万円弱の技術料がかかっています.

Airmixdoor002

修理には一泊二日かかるとのことなので,今週末に預けることにしました.

それにしても我が愛車のキューブキュービック君は購入してからファンベルトが切れたり,O2センサーを交換したり,エアコンが動かなくなったり,エンジンがかからなくなったり(キーごと交換)と不運続きです.昔は技術の日産という時代(901運動(wikipedia)【1990年代に技術世界一になる】なんてもう若い人は知らないでしょうw)
また,私のキューブキュービックには「旧型マーチ(K12)・キューブ(BZ11)・キュービック(BGZ11)のタイミングチェーン問題について」などというものもあり,実に問題が多いのです.

そんな私もキューブキュービックに乗り続けているのはそのデザインが秀逸なのとあのサイズで7人乗れる(もちろん緊急用ですが)というためであり,代わりの車が見つからないというのも現実にあります.

しかしこれだけ壊れると次は日産車を買うという流れにならないのは必然ですよねぇ.せめてサービスキャンペーンくらいしてくれても良さそうなんだけど.今時工賃4万で1500円の部品交換すると言ってお客さんは納得しないよ.

【追記20121125】修理に行ってきました

というわけで,この連休に日産のディーラーへ愛車キューブキュービックを修理に出してきました.一泊二日まるまるかかったようで,担当のサービスの方は本当に大変だったと思います.
それだけだとおもしろくないので,交換したエアミックスドアを写真に撮ってきました.

Airmixdoor2012_02

写真の中央に折れている部分が見えると思います.この部品の折れたところがどこに行ってるかというと,こちらの部品に残っていました.

Airmixdoor2012_01

手前の白い部品の中にエアミックスドアの折れた部品が入っています.

最後に修理した部品の一覧はこちら.

Airmixdoor2012_03

部品自体は本当に安いのですが,工賃がほとんどを占めていました.上の写真にあるフロンガスも3本で7500円くらいかかりました.結局,かかった費用は見積もりより少し値引きをしてくれて47000円ちょうどでした.

はぁ.年末のお金が必要なときに壊れなくてもいいのになぁ.

 

« Koboで購入したAdobe DRMのファイル(acsm)をAdobe Digital Editorsで読む方法 | トップページ | CorelのBlack Friday Sale 2012は日本から買えるようになってた »

」カテゴリの記事

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析