« NEX-5のAVCHD動画をXMedea Recodeを使って変換する | トップページ | ブログのコメント・トラックバックを停止しました[2012/09/3] »

2012/08/28

Windows VistaやWindows 7でhostsを変更して指定のドメインを接続拒否する

みなさんはWebフィルタリングってどうされていますか?うちではSpybotをインストールしているので海外の有害サイトへはhostsを書き換えて接続できなくしています.

Spybot_hosts

このエントリーのために久しぶりにSpybotのページを見たらLiveCD版とか出てるんですね.Spybotは個人使用においては無料,ビジネス利用では有償のライセンスになっています.個人利用でも寄付(Donate)出来るので良かったらDonateしておきましょう.

で今回はというと,Spybotの話ではなく,「特定のドメインへの接続を拒否する方法」についてです.簡単に言うとc:\windows\system32\drivers\etc\hostsというファイルを書き換えることで指定したドメインを外部へ接続できなくするのです.ご家庭におきましてはお子様が利用している未成年にふさわしくないサイトなどを見られなくするためであったり,悪意のあるサイトに接続できなくするために利用することが出来ます.
といっても,お子様がhostsの変更が出来るようなITリテラシーを持っているようなご家庭なら何にもならない気がしますけど.

とはいえ,hostsは通常変更できないようになっているので,VistaやWindows 7でhostsを変更する方法をここに残しておきます.

hostsの場所

Windows VistaやWindows 7ではhostsはWindowsディレクトリのSystem32→drivers→etcフォルダにあります.hostsファイルはそのままエディターなどで開くことは出来ますが,上書き禁止になっています.

hostsの変更方法[訂正]

【訂正】Windows 7 32bitではそのまま開いて編集できました.Windows 7 64bitは管理者権限でエディタで開けば編集できました.なので,以下はWindows Vistaの場合です.

hostsを変更する方法はいくつもあるのでしょうが,今回は次の要領で変更しました.
(1) hostsを任意の場所にコピーする
(2) コピーしたhostsを編集して名前をつけて保存
(3) (2)で作ったファイルをc:\windows\system32\drivers\etc\にコピー
(4) c:\windows\system32\drivers\etc\hostsをリネーム(バックアップ)
(5) (3)でコピーしたファイルの名前をhostsに変更

以上の流れになります.では以下で詳細を述べます.

(1) hostsを任意の場所にコピーする

c:\windows\system32\drivers\etc\hostsファイルをコピーして任意の場所にコピーします.今回はデスクトップにコピーしました.

Hosts_change001

(2) コピーしたhostsを編集して名前をつけて保存

(1)でコピーしたhostsファイルのままでは保存できないので,名前をつけて保存します.秀丸をtxtに関連づけているので秀丸のアイコンになっています.ファイル名は「hosts_2012MMDD.txt」のようにしておきます.

Hosts_change002

(3) (2)で作ったファイルをc:\windows\system32\drivers\etc\にコピー

「hosts_2012MMDD.txt」のように作成したファイルをc:\windows\system32\drivers\etc\にコピーします.

127.0.0.1       www.xxxx.net

127.0.0.1とwwwの間はtabでいいと思います.追加したら上書き保存すること.

(4) c:\windows\system32\drivers\etc\hostsをリネーム(バックアップ)

この時点ではc:\windows\system32\drivers\etc\フォルダーにはhostsとhosts_2012MMDD.txtがあるはず.まずはhostsの名前をバックアップしておきます.アイコンをクリックし,名前をクリックすると名前の変更が出来るのでhosts→hosts2012MMDD.backupなどとしておきます.

(5) (3)でコピーしたファイルの名前をhostsに変更

最後に,c:\windows\system32\drivers\etc\フォルダーにコピーしたhosts_2012MMDD.txtの名前をhostsにすると変更終了です.

なんで今更こんな事を書いたのかというと最近IPアドレスやリファラを抜いてwebに晒すサイトが出てきているので,間違ってそんなサイトを踏まないようにしようかなぁと思った次第.

上のようなサイト(これはキャッシュだけど)へのリンクを踏んだらIP抜かれて晒されちゃうので要注意.ドメインを接続拒否するとこんな感じ.

Black001

追記 今調べてたら直接hostsを編集できるソフトなんて言うのもあるんですね.Hosts Managerというソフトが便利そう.

SourceForge.JPに「hostsファイルをクリック1つで変更できる「Hosts Manager」」というわかりやすい記事が出ていましたのでhostsの編集が面倒だと言う方はこちらをお試しください.

会社からアクセスしている人は特にご注意くださいませ.

おまけ.2chにもたくさんリンクが貼られてる.

Uploaderasia001

« NEX-5のAVCHD動画をXMedea Recodeを使って変換する | トップページ | ブログのコメント・トラックバックを停止しました[2012/09/3] »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析