« Eye-Fi Pro X2 8GBが故障した~ | トップページ | Google日本語入力開発版「GoogleJapaneseInput-1.5.1053.100」での変更点 »

2012/04/17

無料のwebホスティングサービス「Freehostia」と無料ドメインuni.meでmoodleをインストールした【変更あり】

moodle をインストールすることが出来るといわれているFreehostia.com を使ってみましたのでその記録をここに残しておきます.Free HostiaでMoodle2.2+をインストールしたのですが,日本語ランゲージパックのインストールがうまくいかないので,結局moodle1.9.12をインストールしています.

moodleFreehostia.comで使えるようにするまでは,現在熊本大学にお勤めの喜多 敏博先生が「Moodle をインストールできる安価なレンタルサーバ 」としてfreehostiaでmoodleをインストールする方法を詳しく書いてくださっています.感謝.

今回は,喜多先生のドキュメントに沿いながら「2012年版moodle on freehostia.com」を作っていくことにします.

freehostia.comへの登録

Freehostia.comに接続し,「Chocolateプランを選択します.

このchocolateプランはHDD容量250MBで月間6GBのトラフィックまで無料でバナー広告無しのwebホスティングサービスです.無料なので様々な制約があるのですが,1ファイル500kBまでというファイルサイズ制限とHotlinking(ビデオや画像を他のサイトへホットリンクすること)を禁止しているようです.

freehostiaのchocolateプランへはプラン紹介の「take a bite」ボタンから登録できます.

サインアップでは「Pre-installed Script」に「Moodle2.2+」が選択できます.そして,「Use my existing domain」に自分で取得したドメインを入力します.最後に住所と電話番号,メールアドレスなどを入力してVerification Codeを入力しContinueをクリック.しばらく待つと「接続の安全性を確認できません」とFirefoxに怒られるけど,例外を設定して追加すると無事終了.「thankyou.duoservers.com」に問題があるとFirerfoxが言ってます.

Freehostia3

Freehostia4

その後「Thank you for choosing our services」という画面が出たら登録完了.登録先のメールにコントロールパネルのアドレスとユーザー名・パスワードが送付されるのでこれらでログインするとfreehostiaのコントロールパネルにログインできる.

uni.meドメインの取得と登録

無料のchocolateプランは独自ドメインのみなのでco.ccや.tkでドメインを取得しておくといいのかと思ったら,co.ccや.tvドメインはFreehostiaでは使えないようです.なので,今回はuni.meという無料(サブ)ドメインを利用しました.

uni.meでは無料でドメインが取得できます.ドキュメントがないのでよくわかりませんが無料で25個のドメインが取得できるようです.

Unimefree

今回はuni.meでドメインを取得したのでnameserverをfreehostiaのNS1: dns1.freehostia.com NS2: dns2.freehostia.comに設定しておきます.nameserverが浸透するまでしばらく待つ必要があります.

Unime_dnssetting

実は今回は途中まで無料ドメインのco.ccで登録してたのですが繋がらないので調べてみたところco.ccが使えないということが判明し,急遽freehostiaのコントロールパネルからmoodleを削除して再インストールしました.

Free Hostiaのコントロールパネルのマイドメイン→ドメインマネージャー→ホストドメインから「ドメインをホストする」を選択し,uni.meドメインを入力します.

Freehostia_domainsetting

その後Free Hostiaのコントロールパネルにあるインストーラ→アプリケーションインストーラ→アプリケーションインストーラからmoodle2.2+を選択してインストールをクリックすると自動的にインストールされます.しかし,日本語表示が出来ないのとテーマの選択が出来ないことからmoodle1.9.12の方がよいかも知れません.

moodle2.2+のインストールが終了すると,moodleにログインすることが出来ます.下はその画面.コントロールパネルを見ると250MBのうちすでに222MBを使用中になっています.

追記 どうも以前インストールしたファイルが消えていなかったようです.最終的にはもっと小さなファイルサイズに収まるようです.

容量を追加で購入することが出来るようで,200MBが月$1という安さ.

Freehostia_accountinfo

moodle2.2のlangpackはlangディレクトリにjaフォルダをそのまま突っ込むだけでいいとあるんだけどもうまくいきません.パーミッションを755に変えたりしたけどもだめ.誰かうまくいった人がいたら教えてくださいませ.

Moodle_login

Moodle

追記 結局,moodle2.2で日本語を使うことが出来なかったので再度moodle1.9.12をインストールすることにしました.何回もインストールするのでデータベースのサイズが大きくなりすぎたのでphpmyadminからデータベースファイルを削除(データベース自体は削除できない仕様)して再インストールしました.日本語化はlangディレクトリ以下にja_utf8フォルダをFTPで突っ込むだけで完了しました.

Moodle1912_jp_2

Free Hostiaのコントロールパネルの表示はこのように落ち着きました.

Moodle1912_freehostia_file

moodle1.9.12のインストールで67MBを使用するようです.

« Eye-Fi Pro X2 8GBが故障した~ | トップページ | Google日本語入力開発版「GoogleJapaneseInput-1.5.1053.100」での変更点 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析