« Niftermのバックアップを見つけたのでNiftey-Serveのメールを見てみる | トップページ | ココログのテーマをmade in USAテーマにしCSS変更で日本語を見やすくした »

2012/03/01

DropboxやInsyncでATOKの辞書を同期させてみる

先日,新しくなった一太郎2012承を購入したのですが,一太郎2012には日本語IMEとしてATOK25がついていました.いやぁ,一太郎Ver.3のときはATOK6でしたっけ?あれから20余年,年をとりました.

今回は複数のPCでATOK25の辞書を同期させることを試みました.ジャストシステムにはATOK Syncというサービスがあるのですが,どうも1年以降は有料(月額サービスでATOKを利用していると無料)ということで,出来れば無料で出来るDropboxやInsyncなどのクラウド型共有サービスで同期させてみる事を考えました.
Dropboxに関しては「ネットワークに保存するソフト「DropBox」がすごい!」というエントリーを昔書いていました.Insyncについても「Dropboxを超えた!?Googleドキュメントを使ったクラウドサービス「Insync」を使ってみた.」というエントリーを書いています.
Googleの有料サービスに加入している人はInsyncが便利だし,そうでない人はDropboxの方が薦めやすいのではないでしょうか.

DropboxやInsyncにフォルダーを置いて元あった場所にシンボリックリンクをはる

今回のポイントはシンボリックリンクです.DropboxやInsyncではHDD上のファイルやフォルダをクラウド型で自動的に同期するのですが,そのフォルダをATOK25があるフォルダにシンボリックリンクを作成することでATOK25側に読み込ませようということです.
Windows Vista以降ではコマンドプロンプト(cmd.exe)において「mklink /D "新しいフォルダアドレス"  "元のフォルダアドレス"」とすることで新しいフォルダがシンボリックリンクとして作成されます.

Mklink_cmd

例えば,c:\sourceというフォルダがあるとします.そのフォルダのシンボリックリンクをc:\destinationに作成したいと考えたとき,コマンドプロンプトを管理者で起動(右クリックで管理者として起動を選択)し,

mklink /d c:\destination c:\source

とします.今回はフォルダ名にスペースが入らなかったので" "でくくる必要がありません.c:\program files\…のようなフォルダ名の場合,"c:\program files\…"でくくる必要があります.

Symboliclink01

ちなみに,Windows XPの場合はシンボリックリンクがなく,ハードリンク(ファイル)とジャンクション(フォルダ)という名前で存在しているようです.
Windows XPでは「エクスプローラ上で手軽にシンボリックリンクを作成「Link Shell Extension」 」 (窓の杜) のようなソフトを使うことでジャンクションとしてシンボリックリンクが作成できるようです.
また,このソフトを使うことでVista以降はシンボリックリンクが作れるとあります.コマンドプロンプトをつかうのがいやな人はこちらをご使用ください.

Dropboxで同期する場合

Dropboxを使う場合には,Dropboxの設定にある「高度な設定」→「ファイルの保管場所」を見ます.デフォルトではC:\users\username\Documents\My Dropboxという場所にDropboxフォルダーを作っています.この場所を移動するには「移動」ボタンを押してDropboxで使用するフォルダーを指定します.

Dropbox_location

今回はデフォルトのMy Dropboxフォルダーに一太郎2012に付属の「ATOK25」フォルダーをコピーします.ATOK25フォルダーはVista以降であれば「c:\users\username\AppData\Roaming\Justsystem\ATOK25」というフォルダーが作成されているはずです.

本来はユーザー辞書だけでいいような気もしますが,今回はフォルダー毎同期することにしました.

このATOK25フォルダーをMy Dropboxフォルダーにコピーします.

出来れば1度ATOK25を他のIMEに変更した方がいいような気がします.IMEの切り替えはCntrol+Shiftで切り替わります.

次に,「c:\users\username\AppData\Roaming\Justsystem\ATOK25」フォルダを削除します.出来ればMy Dropbox以外にもバックアップをとった方がいいと思います.

ここからは自己責任.うまくいかなくても泣かないこと.

最後にコマンドプロンプトを管理者で起動し,ソースフォルダーと目的のフォルダーを入力します.こんなときはエクスプローラーの上をクリックすると便利.実は最近知りました.

Dropboxfolder3_2

シンボリックリンクを作成する場合には最初に新しく作成するシンボリックリンクのフォルダー名を入力します.ATOK25の場合には「元からあったATOK25」フォルダのアドレスを入力します.

コマンドプロンプトから入力する前に再度「c:\users\username\AppData\Roaming\Justsystem\ATOK25」があるかどうかを確認します.どうも自動的にATOK25フォルダーが作成されるようです.

なので,コマンドを入力して実行する直前にATOK25フォルダーがあるか確認し,あれば削除します.

mklinkコマンドで入力するのはこんな感じでしょうか.コマンドプロンプトでは右クリックでサブメニューが出るのでコピーしていたフォルダーのアドレスを貼り付けることが出来ます.
なので,c:\>の後に
mklink /d "C:\Users\xxxx\AppData\Roaming\Justsystem\Atok25" "C:\Users\xxxx\Documents\My Dropbox\Atok25"
と入力してEnterキーを押します.このとき,半角で「"」と入力した後に右クリック→貼り付けでアドレス貼り付け→「"」入力とすることで「""」でフォルダーのアドレスをくくることが出来ます.

Cmd_paste

シンボリックリンクが作成されましたと出たら完了です.

Insyncの場合

Googleのストレージを利用するInsyncの場合は,デフォルトで「C:\Users\xxxx\Documents\Insync\アカウント名@gmail.com」というフォルダーを作成しますので,ここに「Atok25」フォルダーをコピーしておきます.

そして,コマンドプロンプトを管理者で起動し,
mklink /d "C:\Users\xxxx\AppData\Roaming\Justsystem\Atok25" "C:\Users\xxxx\Documents\Insync\アカウント名@gmail.com\Atok25"
と入力してEnterキーを押すことでAtok25フォルダーをシンボリックリンクにすることが出来ます.

現状はDropboxの方がバージョン管理がしっかりしているのと同期が速いのとでおすすめなんでしょうかね.私はInsyncで同期させています.

2012年3月現在,DropboxではAndroidアプリをインストールして画像の自動同期を行うことで2GBの容量を500MBずつ最大+5GBまでアップすることが出来ます(iOS版はもう少ししたら出るようです).また,こちらからDropboxをインストールしてもらうとあなたと私のDropbox容量が250MB増えるようです.ぜひDropboxをお試しください. 紹介の上限に達したので,新規に加入される方は他から加入ください.

Dropbox for AndroidのCamera Upload機能を使ってみる

実際にAndroid端末のOptimus BrightでDropboxアプリをインストールして写真の自動アップロードを使ってみました.

Cap201202270851

Cap2012022708511

カメラアップロードをオンにするとWi-Fi経由だけか3G経由でも自動アップロードをオンにするか聞いてきます.

カメラアップロードをオンにすると写真やビデオをアップロードするようです.Dropcapでキャプチャした画像はフォルダーが異なるのでアップロードされませんでした.

しかし,このカメラアップロードをオンにするとかなりバッテリー消費が大きいので,月に一度くらいカメラアップロードをオンにして撮影した写真やビデオをMy Dropboxにある「CameraUpload」フォルダーにアップロードする程度で良さそうです.

追記  このblogではDropboxについて以下のエントリーがあります.
「ネットワークに保存するソフト「DropBox」がすごい!」(2008/11/08)
「Dropboxのキャンペーン」(2009/07/31)
「Dropboxを超えた!?Googleドキュメントを使ったクラウドサービス「Insync」を使ってみた.」(2012/01/10)
「DropboxやInsyncでATOKの辞書を同期させてみる」(2012/03/01)
「Dropboxの紹介でもらえる追加容量が256MB→500MBになったよ! 」(2012/04/05)


【送料無料】一太郎2012 承 プレミアム 通常版

【送料無料】一太郎2012 承 プレミアム 通常版
価格:20,213円(税込、送料別)


【送料無料】一太郎2012 承 通常版

【送料無料】一太郎2012 承 通常版
価格:16,380円(税込、送料別)

【送料無料】一太郎2012 承 特別優待版

【送料無料】一太郎2012 承 特別優待版
価格:8,747円(税込、送料別)

【送料無料】一太郎2012 承 アカデミック版

【送料無料】一太郎2012 承 アカデミック版
価格:7,476円(税込、送料別)

« Niftermのバックアップを見つけたのでNiftey-Serveのメールを見てみる | トップページ | ココログのテーマをmade in USAテーマにしCSS変更で日本語を見やすくした »

Android」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析