« ウィルス対策ソフトだけじゃ守れない!「System Check」ウィルス(マルウェア)について | トップページ | Bitdefenderのマルチブラウザー対応の「Trafficlight」を使ってみる »

2012/03/28

無料で2つの(サブ)ドメインがもらえるco.ccドメインとSiteMix(サイトミックス)で完全無料のWordPress blogを作る【追記あり】

無料で2つもらえるco.ccドメインで遊んでいたら,3つ目からはスポンサーにならないといけないことを知ったので,co.ccドメインに$10払って新たにサブドメインを作りました.もちろん2つまでは無料(短い単語は有料のものがある)ですのでぜひお試しください.

CO.CC:Free Domain

ということでsitemixにblogを作ることにしました.

追記【20120515】 現時点ではco.ccドメインとsitemixの組み合わせでは使えなくなっています.sitemixに問題があるとco.cc側はいっているのですが,sitemixからの返事はありません.

そもそも質問しても返事が返ってこないようなサービスに期待していた自分を反省しているところです.

co.ccドメインの取得

co.ccは韓国の会社が管理している無料(サブ)ドメインです.co.ccの前に自由なサブドメインを2つまで無料で取得することが出来ます.

上の画像を見てもらうとわかるように,個人利用の場合2つまで無料で,それ以上は最低$10支払ってスポンサーになれば100個までco.ccドメインが取得できるんだそうです.

 

実は2011年7月にGoogleがco.ccドメインなどをインデックスから削除するという事を行いました.それでco.ccドメインが風前の灯火となったのですが,しぶとく年末頃にGoogleから見えるようになり現時点では普通に使えるようになっています.

今回は新たにxxxxx.co.cc(もちろん匿名)というドメインを取得して,このドメインを使ってSiteMix でblogを作ってみることにしました.

この時点ではco.ccドメインを取得するだけで大丈夫.ログインしてドメインの新規取得から好きなドメインを入力し取得しておきます.

Cocc_acqire

SiteMixの設定

SiteMixの特徴はというと,無料(なんと1.5GBも使える)でWordPressが使える(広告がフッターに1行入る)のと独自ドメインが利用できるというものです.

もちろん有料プランとの差別化も出来ており,有料プラン(それぞれ必要に応じて支払う)では以下のようなことが出来るようです.

SiteMixのアカウントを作ったら次はコントロールパネルからblogの設定をするのですが,今回は独自ドメイン(xxxxx.co.cc)を選択しておきます.実はSiteMixで以前blogを作っていたので今回は「追加サイト登録」で追加登録をしています.こんなとき容量が大きいと安心です.

Sitemix_reg1

sitemixに登録が完了したら,コントロールパネルにある「DNSマネージャー」を選択します.SiteMixのNameServerは使えないようなので,DNSマネージャーにあるAレコードを記録しておきます.

Sitemix_dns

co.ccの設定(Aレコード)

そうすると次はco.ccの設定です.co.ccにログインして設定の「Manage Domain」からSiteMixで使いたいドメインを選択し,「2.Zone Record」をクリックし,TypeをA,ValueをSiteMixによって指定されたIPアドレス,Hostは空欄をクリックすると自動的にドメイン名が表示されます.

Cocc_arecord

こうしてしばらく放置することでドメイン名.co.ccが行き渡ります.

今回は15分くらいでドメイン名が使えるようになりました.ただし,co.ccが遅いのかどうか知らないけど最初に表示されるまでが遅い.2度目からはそんなに時間はかからない.

WordPressの設定

SiteMixからco.ccが見えるようになれば,http://xxxxx.co.cc/というアドレスでblogが見えるようになるはずです.そうなると今度はSiteMixのコントロールパネルにある「ブログ編集」を押すとWordPressのダッシュボードがあらわれます.

Wordpress_dashboard

まだWordPressになれてないのでとりあえずは外観→テーマから良さそうなテーマを選択して有効化しています.

WordPressはちょっと触っただけで理解するのは難しそうなのでどれか本を買わないといけないかなぁと思っています.

おまけ Google Appsでco.ccを使ってみる

最後におまけです.実はco.ccのページにはGoogle Appsに登録するやり方 が詳細に書いてあるのですが,この通りにやるとAレコードが破棄されてしまうので手動で登録する方が良さそうです.

で,私はどうやったのかというといったん上の通りにGoogle Appsを導入して使えるようにしてから再度AレコードとMXレコードを設定しました.

設定にある「Manage Domain」からGoogle Appsを設定したときの設定をすべて破棄し,新たにZone Recordを以下のように作成しました.TXTはGoogleが認識した後だからいらないのかな?

Manual_settings_cocc

Google Appsの管理者アドレスはhttps://www.google.com/a/cpanel/xxxxx.co.cc/というようになり,ここのユーザーのログインアドレスはhttp://mail.google.com/a/xxxxx.co.cc/となるようです.

今回は以前作ったGoogle Appsのサブドメイン用に作ったのでカスタム ウェブアドレスを作成する 事は出来ないようですが,メインのドメインとして運用するのであればログインアドレスを変更することが出来るようです.

ということで,Google AppsとSiteMixとco.ccドメインの3者を使って運用することが出来そうです.特にSiteMixは1.5GBの容量で複数blogを作成することが出来て独自ドメインが30個まで作れるという太っ腹ぶりなので感謝しております.

とりあえずこれでWordPressの勉強をしてから次のステップを考えたいと思います.

追記[2012/05/15] 今日blogを見ようとしたら,co.cc側からSPAM判定されて使えなくなっています.

Sitemix_spam1

実は以前から上の画面のようにsitemixのdnsサーバーがブロックリストに入っていたのでしょうがなくAレコードで代用していたのですが,ついにそのAレコードも通用しなくなりました.

Sitemix_spam2

!マークをクリックするとこんな表示が.

Sitemix_spam3

年間にかかる経費(初年度だけ安いのではなく)の安い(出来ればかからない)ドメインを探しています.uni.meは取得したのですがsitemixでは使えないようで.

« ウィルス対策ソフトだけじゃ守れない!「System Check」ウィルス(マルウェア)について | トップページ | Bitdefenderのマルチブラウザー対応の「Trafficlight」を使ってみる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析