« dvipdfmxで作成したpdfにパーミッションを付ける | トップページ | 一太郎2012承の異体字ツールを使ってみた »

2012/02/20

LG Optimus Bright L-07CのROMをv10dにアップデートする

先週,ドコモがL-07Cのアップデートを行いました.このアップデートでv10c→v10dに更新されるのですが,現状rootを取得するのが大変なようです.
なので,rootをとろうと思う方はSuperOneClickが対応するまでちょっと待った方がいいかもしれません.

なにはともあれバックアップとドライバーのインストール

ということで,Titanium Backupでフルバックアップをとっておきます.
次に,Windows用のドライバーをインストール.

LGMobile Support Toolのダウンロード

次に,LGMobile Support Toolをダウンロードしてインストールします.

LGMobile Support Toolを起動したらLG United Mobile Driverのアップデート(3.03.000→3.6.00)を行った.ちなみにL-07Cは電源つけてUSB接続のまま.

V10dupdate_03

V10dupdate_05

次に,「ソフトウェア更新開始」を押して更新する.

V10dupdate_06


しばらくしてL-07C本体が見なれた「S/W Upgrade Please wait while upgrading...」という画面になってソフトウェア更新開始.

ソフトウェア更新90%の時点で再起動がかかった.

最初の起動はかなり時間がかかった.もう起動しないかと思ってあせる.

更新を終了すると再度LGMobile Support Toolが起動し,「お使いの端末は最新のバージョンのためソフトウェア更新の必要はありません.」とでてV10Dになったことが確認できる.

V10dupdate_10


adb shellからroot取得

次に,コマンドプロンプトを起動し,「adb shell」と入力.これでAndroid端末が操作できるようになります.

ここからは「IS11LGのroot取得方法」というblog記事の通りにrootを取得します.15行目と24行目はエラーになるけど無視.27行目はexitではなくrebootで再起動.

私の所のコマンドプロンプト画面はこちら.

V10dupdate_11

ここまででrootは取得できたので,「shortfuse.org」にあるv2.3.3 Download linkからSuperOneClick 2.3.3をダウンロードします.

ここでの作業は以前書いたもの(「とりあえずL-07Cをroot化してb-mobile SIMでテザリング出来るようにする」 )と同じなので省略します.

framework.odexの置き換え

Memoteki さんのところにframework.odexの置き換え(V10D)というエントリーがあったのでこちらからframework.odexを置き換えるバッチファイルを頂きました.

と思ったら文鎮化しちゃいました(-_-;)

前に書いた2つめの方法で復旧を試みる.

バッテリーを抜いて+ボタンを押してUSB接続することでS/W Upgradeモードに突入する.

当然更新が出来ないのでメニューにある「緊急リカバリーモード」からIMEIを入力してリカバリー.200MB近い更新ファイルをダウンロードしてソフトウェア更新が開始されました.

何とかリカバリーしたら再びUSB接続でadb shellすると「#」となるので途中の作業までは出来ていることがわかり,再度SuperOneClickにてroot化.再起動するとrootが取得できていました.

ということで,今度は手動でframework.odexを置き換えることに.手動でのやり方はLG Optimus Bright(L-07C)とb-mobile SIMデータ回線で発生するセルスタンバイ問題を解決する方法に書いてある通りでOKでした.

framework-res.apkを書き換えて純正テザリングを可能にする

最後にframework-res.apkの書き換えです.ドコモはドコモ以外のSIMでテザリングできないようにしているので,純正テザリングを可能にするためにframework-res.apkを書き換える必要があります.

ただし,このframework-res.apkは自分が使うSIMにあったものでないといけません.今回はb-mobile用の設定で利用しました.

これもMemotekiさんのframework-res.apkの書き換え(V10D)を参考にしました.

上のリンクからファイルをダウンロードし,framework-res.batをコマンドプロンプトから実行します.今回はb-mobile SIM U300用の設定で置き換えました.

以上でV10Dのアップデート・root化・セルスタンバイ対策・純正テザリング対応がすべて完了しました.

追記 しかし,こうやってアップデートしたのに何故かスタンバイ時にバックライトが消えないという現象が出てしまいました.アプリを削除したりしてもこの現象が消えなかったので最終的に本体の初期化(SDカードを初期化せず)してTitanium Backupからアプリを選択して復元することで元に戻しました.いろいろ複雑なことをしているので覚悟は必要なんでしょうね.

Optimus Bright(L-07C)用バッテリー

純正バッテリー

by 通販最速検索 at 2012/01/31

純正と同サイズで容量が多いバッテリー

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

Optimus Bright用大容量バッテリー&ケース

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

b-mobile SIM

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Bright用ケース

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Bright[L-07C]用]液晶保護フィルム

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Bright白ロム

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Brihgtの本

by 通販最速検索 at 2012/01/27

« dvipdfmxで作成したpdfにパーミッションを付ける | トップページ | 一太郎2012承の異体字ツールを使ってみた »

Android」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
L-07Cを数日前に機種変更で購入してb-mobile@aeonのsimで運用しています。
バッテリーの減りが異常に早く、セルスタンバイ問題があると知ったのは購入後。
こちらのブログを拝見して何とかやってみたものの文鎮化(笑)
青くなってLGサポートツールで復活したものの10dになってしまっていて、ワンクリックでrootが取れず、
見様見真似でコマンド打ってroot化し、更にセルスタンバイ対策もしました。

と思ったら、やはりスタンバイ時にバックライトが消灯せず、初期化して乗り切りました。
いや、本当にこちらのブログのおかげです。丁寧に書いてあってわかりやすかったです。
今後もL-07C生活を満喫する予定ですので、参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

くま☆さん,コメントありがとうございました.
役に立ったようでありがたいです.
今ではAndroid SDKを使わないツールが出ているのでこれからはそちらの方がいいのかもしれません.
Memoteki「L-07C、AndroidSDKなしでファイル書き換え」
http://blog.ds074704261.com/archives/273
これからも宜しくお願いいたします.

この記事へのコメントは終了しました。

« dvipdfmxで作成したpdfにパーミッションを付ける | トップページ | 一太郎2012承の異体字ツールを使ってみた »

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析