« LG Optimus Bright(L-07C)の電池をebayから買ってみた | トップページ | Optimus Bright(L-07C)とb-mobile SIMでの電池消費状況について »

2012/01/31

LG Optimus Bright(L-07C)とb-mobile SIMデータ回線で発生するセルスタンバイ問題を解決する方法

NTTdocomoが2011年夏モデルとして発売したLG社製のOptimus Bright(L-07c)では,ドコモSIM以外のSIMを利用する場合に問題があります.
そのひとつは,3Gモード(Wi-Fi off)時に「3Gアイコン」が表示されないことです.
この現象は,ドコモSIM以外のSIM(MVNOであるb-mobileやイオンSIM契約のうちデータ回線のみのSIM)を利用する際に生じる現象のようで,いわゆる「セルスタンバイ」問題というようです.

 

セルスタンバイとは,「設定」→「端末状態」→「電池消費状況」にある「セルスタンバイ」のパーセンテージが高くなり,「セルスタンバイ」をタップして表示される「圏外時間」の割合が高くなる現象のようです.下の画像は通常のもの.「圏外時間」が「0%」であるのがわかります.

L07c_cellstanby

これは,b-mobileなどのドコモから回線を借りて販売しているMVNOのデータ回線のみのSIMについて当てはまるようで,talkingSIMなどの音声契約付きのSIMにすると症状がでないんだそうです.

これを聞いて最初は「3Gアイコンが出ないくらいなんてことないよ」と高をくくっていましたが,セルスタンバイによる消費電力の割合が高くなった場合に圏外と判断してアンテナを探す行動を起こすためにバッテリーの消耗が急激になるらしいのです.

解決方法(1) 自動機内モードアプリを利用する

私の場合も急激なバッテリー消耗に頭をなやませていましたが,とりあえずは自動フライトモードアプリが出ていたのでスタンバイ時に3G回線をオフにしてフライトモードに入るアプリ「自動機内モード」 でごまかしていました.

この「自動機内モード」はとても便利でバッテリーは長持ちするのですが,スリープ時に完全にオフになってしまうんです.

解決方法(2) MVNO回線でも音声契約付きのSIMにする

すごく消極的ではありますが,b-mobileやイオンSIMには音声契約付きのプランがあります.

上のTalkingSIM 以外にもTalking FairTalking1GB定額 などのサービスがあります.
イオンで販売している「イオン専用月額サービス」 にも音声契約があります.
これだと,最低料金は月額2270円からになるようです.

(3)*超危険!framework.odexの差し替え

これから以降はかなり危険度の高い方法です.この方法でframework.odexを差し替えるとSIMなしで起動した場合にはエラーが頻発したり,起動しなくなるいわゆる「文鎮化」してしまうこともあります.もちろん私は一切の責任はとりませんのでもしこの作業をやる場合でも各自の責任のもとにやってください.また,バージョンが変わると使えなくなったりタイプミスしていたりする場合もありますのでよく確認をした上でやってください.

せっかくb-mobile SIMを持っているのだから新たに音声契約をする必要もないなぁと思っていたら2chの「docomo Optimus bright L-07C Part4」版に神があらわれました.

どうも,「L-07CにbmobileSIMを認識させる」というblogにあるバッチファイルを使うといいとのことでした.

早速バッチファイルをダウンロードしたものの,そのままでは動かないので下にあった手動の方法でframework.odexの変更を試みてみた.

Android SDKのインストール

まずはAndroid SDKのインストール.IDEOSの時にインストールしてたけど,「【新・初心者向け】Android SDKの最新インストール手順2011年10月版!少しだけシンプルに解説!」なんかを見てAndroid SDKをインストールしました.
でも面倒だったのはパスの設定.2012年にもなってpathの設定を手動でするとは…

Android SDKのパスはc:\program files\android\android-sdk\platform-toolsとc:\program files\android\android-sdk\toolsに通せばいいようです.

ちなみにWindows 7でのpathの通し方はデスクトップのコンピューターを右クリック→プロパティ→システムの詳細設定にある「環境変数」の「path」を編集します.

Optimus Bright側の設定変更

次に,Optimus Brightの「設定」→「アプリケーション」の「開発」にある「USBデバッグ」と「スリープモードにしない」にチェックを入れておきます.

L07c_odex_change1

SuperOneClick2.3.3によるroot化

「とりあえずL-07Cをroot化してb-mobile SIMでテザリング出来るようにする」に書いたように,SuperOneClickでroot化します.その際に,「Advanced」タブにある「Use alternate ADB Parser」にチェックを入れておきます.

その後はいわゆる神バッチを実行するだけのはずなのですが,私の場合はうまくいかなかったので手動でframework.odexを更新しました.手動の場合はこんな感じでいいようです.

ESファイルエクスプローラーのインストール

まずは,準備としてバッチファイル群の中にあるframework.odexを「framework.odex.new」とPC上で変更し,microSDの直下(ルートディレクトリ)にコピーしておく.

microSDカードを入れて起動したOptimus BrightにAndroid Marketから「ESファイルエクスプローラー」で検索して「ESファイルエクスプローラー」をインストールします.AndroidはPCから自動インストールできるので便利ですね.

ESファイルエクスプローラーを起動したらサブメニューの「設定」の下にあるroot optionの「Rootエクスプローラー」と「ファイルシステムをマウント」にチェックを入れる.

L07c_odex_change2

ESファイルエクスプローラーを起動すると/mnt/sdcard/ディレクトリが見えているはずです.この中にあるはずの「framework.odex.new」を押したままにしているとサブメニューが出てくるので「コピー」を選択します.次に,左上にあるお家のアイコンをタップしてルート(/)を表示させます.

ルートのsystemをタップし,その中にあるframeworkディレクトリをタップします.これで上のアドレスが/system/framework/になっているはず.

どこかを長押しするとサブメニューが出てくるので,「オペレーション」メニューから「貼りつけ」を選択し,「framework.odex.new」を貼りつけます.

次に,現在の「framework.odex」をタップし続けてサブメニューを出して「名前を変更する」にします.「framework.odex.old」かなんかにしておきます.

L07c_odex_change5

次はパーミッションの変更.「framework.odex.new」をタップし続けて「オペレーション」メニューを出して「プロパティ」から「許容」を変更します.

 

L07c_odex_change4_2

「変化」を押すとメニューが出るので,「rw-/rw-/rw-」から「rw-/r--/r--」に変更します.画像で言うとこんな感じ.

最後に,「framework.odex.new」をタップし続けて「オペレーション」メニューを出して「名前を変更する」で「framework.odex」に変更する.
作業はこれで終了なので再起動してWi-Fiオフの時に3Gアイコンが表示されているかを確認します.

もしもLGアイコンのまま起動しないといった「文鎮化」をした場合には

「LG Optimus Bright(L-07C)文鎮化から「LGMobile Support Tool」で復旧した」のような方法で文鎮化から復旧することが出来るかもしれません.

Optimus Bright(L-07C)用バッテリー

純正バッテリー

by 通販最速検索 at 2012/01/31

純正と同サイズで容量が多いバッテリー

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

Optimus Bright用大容量バッテリー&ケース

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

by 通販最速検索 at 2012/01/31

b-mobile SIM

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Bright用ケース

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Bright[L-07C]用]液晶保護フィルム

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Bright白ロム

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

by 通販最速検索 at 2012/01/27

Optimus Brihgtの本

by 通販最速検索 at 2012/01/27

« LG Optimus Bright(L-07C)の電池をebayから買ってみた | トップページ | Optimus Bright(L-07C)とb-mobile SIMでの電池消費状況について »

Android」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析