« FirefoxでWebページが指定したフォントを優先しない方法 | トップページ | NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」第173回Google及川卓也さんの回を見てmozcをアップデートした. »

2012/01/24

一太郎2012承のプレミアム以上に付属のヒラギノフォントをLaTeXで使うための準備をしておく

こちらに書いたように,「一太郎2012承」ではプレミアムとスーパープレミアムに「ヒラギノフォント」が6書体ついてきます.

一太郎2012承のプレミアムとスーパープレミアムについてくるヒラギノ書体は,上にあるように,
・ヒラギノ明朝ProN W3
・ヒラギノ明朝ProN W6
・ヒラギノ角ゴProN W3
・ヒラギノ角ゴProN W6
・ヒラギノ角ゴStdN W8
・ヒラギノ丸ゴProN W4
の6書体で,内訳は明朝2,角ゴシック3,丸ゴシック1書体となっています.

一太郎2012の発売は2012/02/10なのでもう少しあるのですが,既に予約をしたのでpLaTeXでヒラギノ書体を使うための準備をしておくことにします.

TeXのインストール

今回はWindows版のTeXを阿部 紀行さんが作られた「TeXインストーラー3」 を使ってインストールしておきます.

今回はインストールについては省略します.きっと奥村先生のこの本が一番詳しいと思われますのでぜひご一読下さい.

私は上の阿部紀行さんが作られた秀丸用のマクロ「祝鳥」を使っています.

OTFフォントの準備

ヒラギノ書体がインストールされたら,windows\fontsディレクトリに入っていると思われますので,ヒラギノ書体をコピーするかシンボリックリンクを作成してtexmf\fonts\opentypeフォルダにhiraginoとでも名前をつけてフォルダを作成して置いておきます.

その際,フォント名は以下のようにしておきます.
・ヒラギノ明朝ProN W3→HiraMinPro-W3.otf
・ヒラギノ明朝ProN W6→HiraMinPro-W6.otf
・ヒラギノ角ゴProN W3→HiraKakuPro-W3.otf
・ヒラギノ角ゴProN W6→HiraKakuPro-W6.otf
・ヒラギノ角ゴStdN W8→HiraKakuStd-W8.otf
・ヒラギノ丸ゴProN W4→HiraMaruPro-W4.otf

cid-x.mapの変更

次に,「texmf\fonts\map\dvipdfmx\base\cid-x.map」を変更します.詳しくはtexmf\doc\misc\otf\README.w32にあるドキュメントをお読みください.

下のように,フォントの前にあった「%」を外しておきます.

% % otf package (Hiragino) (S. Saito) % otf-ujmr-h   UniJIS-UTF16-H     HiraMinPro-W3.otf
otf-ujmr-v   UniJIS-UTF16-V     HiraMinPro-W3.otf
otf-cjmr-h   Identity-H         HiraMinPro-W3.otf
otf-cjmr-v   Identity-V         HiraMinPro-W3.otf
hminr-h      H                  HiraMinPro-W3.otf
hminr-v      V                  HiraMinPro-W3.otf

otf-ujgr-h   UniJIS-UTF16-H     HiraKakuPro-W3.otf
otf-ujgr-v   UniJIS-UTF16-V     HiraKakuPro-W3.otf
otf-cjgr-h   Identity-H         HiraKakuPro-W3.otf
otf-cjgr-v   Identity-V         HiraKakuPro-W3.otf
hgothr-h     H                  HiraKakuPro-W3.otf
hgothr-v     V                  HiraKakuPro-W3.otf

otf-ujmb-h   UniJIS-UTF16-H     HiraMinPro-W6.otf
otf-ujmb-v   UniJIS-UTF16-V     HiraMinPro-W6.otf
otf-cjmb-h   Identity-H         HiraMinPro-W6.otf
otf-cjmb-v   Identity-V         HiraMinPro-W6.otf
hminb-h      H                  HiraMinPro-W6.otf
hminb-v      V                  HiraMinPro-W6.otf

otf-ujgb-h   UniJIS-UTF16-H     HiraKakuPro-W6.otf
otf-ujgb-v   UniJIS-UTF16-V     HiraKakuPro-W6.otf
otf-cjgb-h   Identity-H         HiraKakuPro-W6.otf
otf-cjgb-v   Identity-V         HiraKakuPro-W6.otf
hgothb-h     H                  HiraKakuPro-W6.otf
hgothb-v     V                  HiraKakuPro-W6.otf

otf-ujmgr-h  UniJIS-UTF16-H     HiraMaruPro-W4.otf
otf-ujmgr-v  UniJIS-UTF16-V     HiraMaruPro-W4.otf
otf-cjmgr-h  Identity-H         HiraMaruPro-W4.otf
otf-cjmgr-v  Identity-V         HiraMaruPro-W4.otf
hmgothr-h    H                  HiraMaruPro-W4.otf
hmgothr-v    V                  HiraMaruPro-W4.otf

あとは同じ名前で違うフォントを指定してないかチェックして,文頭に「%」をつけておきます.

dvioutの設定

最後に,dvioutの設定を変更しておきます.「texmf\doc\misc\otf\README.w32」にあるドキュメントによると,dviout\mapフォルダにある「$user.map」に以下の文章をコピーしておくのだそうです.

%
% (1) using Hiragino basic 6 fonts
%
otf-ujmr-h      "ヒラギノ明朝 Pro W3"   unicode
otf-ujmr-v      "@ヒラギノ明朝 Pro W3"  unicode
otf-cjmr-h      "ヒラギノ明朝 Pro W3"   cid2uni
otf-cjmr-v      "@ヒラギノ明朝 Pro W3"  cid2uni
hminr-h         "ヒラギノ明朝 Pro W3"
hminr-v         "@ヒラギノ明朝 Pro W3"

otf-ujgr-h      "ヒラギノ角ゴ Pro W3"   unicode
otf-ujgr-v      "@ヒラギノ角ゴ Pro W3"  unicode
otf-cjgr-h      "ヒラギノ角ゴ Pro W3"   cid2uni
otf-cjgr-v      "@ヒラギノ角ゴ Pro W3"  cid2uni
hgothr-h        "ヒラギノ角ゴ Pro W3"
hgothr-v        "@ヒラギノ角ゴ Pro W3"

otf-ujmb-h      "ヒラギノ明朝 Pro W6"   unicode
otf-ujmb-v      "@ヒラギノ明朝 Pro W6"  unicode
otf-cjmb-h      "ヒラギノ明朝 Pro W6"   cid2uni
otf-cjmb-v      "@ヒラギノ明朝 Pro W6"  cid2uni
hminb-h         "ヒラギノ明朝 Pro W6"
hminb-v         "@ヒラギノ明朝 Pro W6"

otf-ujgb-h      "ヒラギノ角ゴ Pro W6"   unicode
otf-ujgb-v      "@ヒラギノ角ゴ Pro W6"  unicode
otf-cjgb-h      "ヒラギノ角ゴ Pro W6"   cid2uni
otf-cjgb-v      "@ヒラギノ角ゴ Pro W6"  cid2uni
hgothb-h        "ヒラギノ角ゴ Pro W6"
hgothb-v        "@ヒラギノ角ゴ Pro W6"

otf-ujmgr-h     "ヒラギノ丸ゴ Pro W4"   unicode
otf-ujmgr-v     "@ヒラギノ丸ゴ Pro W4"  unicode
otf-cjmgr-h     "ヒラギノ丸ゴ Pro W4"   cid2uni
otf-cjmgr-v     "@ヒラギノ丸ゴ Pro W4"  cid2uni
hmgothr-h       "ヒラギノ丸ゴ Pro W4"
hmgothr-v       "@ヒラギノ丸ゴ Pro W4"

hgotheb-h       "ヒラギノ角ゴ Std W8"
hgotheb-v       "@ヒラギノ角ゴ Std W8"
otf-ujml-h      "ヒラギノ明朝 Pro W2"   unicode
otf-ujml-v      "@ヒラギノ明朝 Pro W2"  unicode
otf-cjml-h      "ヒラギノ明朝 Pro W2"   cid2uni
otf-cjml-v      "@ヒラギノ明朝 Pro W2"  cid2uni
hminl-h         "ヒラギノ明朝 Pro W2"
hminl-v         "@ヒラギノ明朝 Pro W2"

hiramin-w3-h    "ヒラギノ明朝 Pro W3"   cid2uni
hiramin-w6-h    "ヒラギノ明朝 Pro W6"   cid2uni
hirakaku-w3-h   "ヒラギノ角ゴ Pro W3"   cid2uni
hirakaku-w6-h   "ヒラギノ角ゴ Pro W6"   cid2uni
hiramaru-w4-h   "ヒラギノ丸ゴ Pro W4"   cid2uni
hiramin-w3-v    "@ヒラギノ明朝 Pro W3"  cid2uni
hiramin-w6-v    "@ヒラギノ明朝 Pro W6"  cid2uni
hirakaku-w3-v   "@ヒラギノ角ゴ Pro W3"  cid2uni
hirakaku-w6-v   "@ヒラギノ角ゴ Pro W6"  cid2uni
hiramaru-w4-v   "@ヒラギノ丸ゴ Pro W4"  cid2uni

以上でヒラギノ書体を埋め込んだpdfをdvipdfmx経由で作成することができるのだそうです.

ヒラギノ書体の使い方

以上の設定が完了すると,LaTeXで書いた文章はそのままだと「ヒラギノ明朝ProN W3」で,

・そのまま→「ヒラギノ明朝ProN W3」
・\{bf   }または{\bfseries  }→「ヒラギノ明朝ProN W6」
・{\gt    }または{\gtfamily  }→「ヒラギノ角ゴProN W3」
・{\gtfamily\bfseries   }→「ヒラギノ角ゴProN W6」
・{\gtfamily\ebseries    }→「ヒラギノ角ゴProN W8」
・{\mgfamily   }→「ヒラギノ丸ゴProN W4」
となるようです.

たぶんこんな感じで大丈夫だと思います.ヒラギノ書体が届いたらまたレポートします.


【送料無料】一太郎2012 承 プレミアム 通常版

【送料無料】一太郎2012 承 プレミアム 通常版
価格:20,213円(税込、送料別)


【送料無料】一太郎2012 承 通常版

【送料無料】一太郎2012 承 通常版
価格:16,380円(税込、送料別)

【送料無料】一太郎2012 承 特別優待版

【送料無料】一太郎2012 承 特別優待版
価格:8,747円(税込、送料別)

【送料無料】一太郎2012 承 アカデミック版

【送料無料】一太郎2012 承 アカデミック版
価格:7,476円(税込、送料別)

« FirefoxでWebページが指定したフォントを優先しない方法 | トップページ | NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」第173回Google及川卓也さんの回を見てmozcをアップデートした. »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

買った!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析