« LibreOffice 3.3 Finalをインストールしてみた[2011/01/26] | トップページ | 2011年,福岡(博多駅2・薬院)でマクドナルドの大型店舗が新規オープン! »

2011/01/16

シグマAPOのBluetooth FMトランスミッター「SBT06BR」を使ってみて

こちらのエントリーにSBT06を購入するまでの経緯を書いていたのですが,週末に商品が届きましたので早速使用記を書いてみることにします.

これはパッケージの写真と裏の写真です.これを見るとiPhone3G/3GS対応とあります.iPhone4発売以前の商品なのでiPhone4で使えるとは書いてありませんが多分大丈夫でしょう.

Sbt06_1

Sbt06_3

SBT06はbluetooth接続のFMトランスミッターです.
具体的な使い方としては,iPhoneなどの機器とBluetoothでSBT06をペアリングすることで,iPhoneに入っているの音楽やビデオをFM電波に変換して送信することができるのです.

Bluetooth接続なので,iPhoneに限らず,bluetooth接続のスマートフォンなどでも使うことができそうです.また,本体はシガーソケットで車に接続することで使用でき,FMの周波数を常に表示しています.

Sbt06_4

Sbt06_5

iPhoneの写真なので伝わりにくですが,夜はこんなに光っています.結構自己主張するトランスミッターのようです.

SBT06を車に接続して最初に行うのはbluetooth対応機器とのペアリングです.本体の通話ボタンを長押しすることでペアリングが開始されます.
私が持っているiPhone3GSでは簡単にペアリングできました.
一旦ペアリングすると,次回からはエンジンを起動すると数秒後に「ポーン」という音が聞こえ,また数秒たつと二度目の「ポーン」という音が聞こえてきたらSBT06とiPhoneとが接続完了した合図のようです.

本体のジョグダイヤルを回すと周波数,センターボタンを一度押すとジョグダイヤルがボリューム設定に変わります.ボリュームは30まで設定できるのですが,学習しないようで,電源を入れると必ず20になります.
また,本体に周波数が表示されているためにラジオとのチューニングがしやすいのも良い点です.
そして,本体で曲の送り,戻しと一時停止ができ,スピーカーホンにもなるのでハンズフリーで通話ができます.このハンズフリーが便利で,ついつい長電話になっちゃいます.
このハンズフリーは相手の音声がFMラジオから流れるのでないしょ話は出来ませんが,とても聞きやすく(ちょっとボリュームが小さい気がするけど)便利に使えています.

肝心の音声ですが,FMで送信しているので低音が軽くなり,ノイズもすこしのっているのですがこれはこれなりの感じで個人的には気に入っています.
ただ,SBT06をセッティングする際に周波数をきちんと選べばノイズも少なるのではないかなと思いました.
私が使っている地域では混雑した道路やトラックとすれ違うときにノイズがのったりしますが,ほぼ気にならない状態で使えています.

さらに,SBT06にはUSBによる給電もできるので,ケーブルを準備すればiPhoneの充電もできるようです.

そんなに便利なSBT06ですが,iPod touch 4thで使う際にちょっと問題が生じました.
それは,エンジンをかけるたびにペアリングする必要があるということです.iPhoneで使うときにはシームレスに使えていたものが,iPod Touchに変えると毎回ペアリングが必要となるのでちょっと面倒になります.

Bluetoothに対応したFMトランスミッターはそんなに種類がないので選択の余地がないのが現状ですが,iPhoneシリーズで使うにはとても便利でした.

« LibreOffice 3.3 Finalをインストールしてみた[2011/01/26] | トップページ | 2011年,福岡(博多駅2・薬院)でマクドナルドの大型店舗が新規オープン! »

iPhone/iPad」カテゴリの記事

ソフトバンクモバイル」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

買った!」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析