« iPhoneで完全オフラインで使えるカーナビnavico | トップページ | 未成年者にiPhone/iPod Touch/iPadを使わせるために出来ること[2010版] »

2010/12/14

福岡県久留米市で行っている【中心商店街来街者促進「駐車場一定時間無料化」社会実験】の件【追記あり】

Resize0001

福岡県久留米市では,2010年11月21日から12月26日までの期間において,市内中心商店街にある店舗内で配布されたアンケートに記入し,商店街に設置された「補助券引換所」にてアンケートを提出することで最大300円の共通駐車場補助券を配布するという社会実験を行っています.
これは,「中心商店街来街者促進社会実験」であり,ゆめタウン久留米が出来て以降西鉄久留米駅(駅前のマクドナルドも夏に閉店)から繋がっている商店街にを通る人が少なく,少しでも多くの人に中心商店街に来てもらおうという試みで始まったのですが,そもそも税金を使って一部商店街の人々に有利な駐車場無料化をしていいのかという批判は当初から出ていました.

また,補助金を使って空き店舗に入るテナントに改装費用の一部補助を行っていたところ,ソフトバンクショップ(これは確認したから本当)が目と鼻の先に移転することでこの改装費用の一部を貰っていることが西日本新聞が記事にしましたが違法ではないとの見解のようで放置されています.

そんな中はじまったいわゆる「駐車場無料化社会実験」はどうなっているのか気になったので先日行ってみました.

上のリンクにあるpdfを読んでもらうと良いのですが,要はこんな感じのようです.

Shakaijikken1

対象となる市内中心商店街周辺の駐車場もpdfにのっています.実際に行ってみると,昼間最大500円というパーキングも複数あり,300円引きとセットで最大200円で駐車ができることがわかりました.また,どうも3つの駐車場がチラシには掲載されていたんですが対象から外されたようで赤で線が引かれていました.

Shakaijikken_map

社会実験を伝える新聞記事のうち,webに掲載されているのは毎日新聞と西日本新聞の二紙のみ.

久留米市の平成22年度予算には新規の取り組みとして次のように書かれています.

Photo

「中心市街地来街者促進社会実験」として8,481万円とあります.この金額は2回の社会実験で使われる駐車場代込みの予算だったのですがあまりにも低調なために2回目の社会実験は中止になりました.

ブログ検索をしてもこの社会実験についての記事があまりにも少ないというのも行ってみようという気になった原因でした.
久留米は昔ショッパーズが六ツ門にあったころ遊びに行ったこともあり,今もときどき行ったりするので気になっていたんです.

まず,西鉄久留米駅前にあった元マクドナルド.

Resize0010

ここって3Fまであったんですよね.今となってはもう廃墟.しかも駅前の一等地なのに…

駅前から一番街商店街に向かって歩いて行くと一番街のアーケードが見えてきます.

Resize0002

右に見えるコンビニはAMPMだったような気がしたんですが,いつの間にかファミリーマートへ変わっていました.ここまでの道には100円ショップがあったような記憶があるんですが更地になっていました.

Resize0003

一番街の入り口には一番街お店マップが貼ってありました.こうみると結構流行ってるように見えるんですが,ちょっと歩くとこんな感じ.

Resize0005

そんな中,社会実験の幟を出しているところがあったので撮影.

Resize0004

商店街の中に置いてあるアンケート(両面ありました)に記入したら駐車券をもってこの幟(のぼり)のあるところに提出すると最大300円分の駐車補助券が貰える仕組み.

Resize0008

この日は天気が良かったのかアーケードが空いていました.

Resize0007

そういえば家事で商店街が燃えたというニュースを聞いたっけ.この一等地に介護付有料老人ホームマンションが立つ予定なんだそうです.バブルの頃の地上げを思い出しました.中学高校と通った西新のラーメン屋さんが放火でなくなったんだよね.

Resize0006

件の携帯電話ショップ.以前はもう少し手前にあった覚えがあるけど改装費用の一部を補助金で出してもらって新装開店とはさすがです.

もちろん多くの店がまだ営業しており,楽しそうな店もたくさんありましたが,駐車場代あげるからといってイオンモールやゆめタウンなどのショッピングセンターに行かなくてこちらに来るかというとねぇ…

webには掲載されませんでしたが,西日本新聞にはこの社会実験では一日平均80人の利用しかないということが書いてありました.私が行ったのは日曜だったのですが人通りはそこそこあるんだけどもそこを通る人は「生活道路」として使っている人が多い印象でした.

地域の活性化ということは多くの自治体で悩んでいることでしょうし,解決策は簡単には見つからないと思います.そんな中,福岡県久留米市では12月26日まで社会実験を行っていますので,ラーメン屋焼き鳥を食べにくるついでに社会実験に参加してみませんか?

追記[20110118] 数日前の西日本新聞に駐車場無料化の社会実験に関する記事が掲載されていました.西日本新聞は地方版の記事は県ごとに集約してwebに掲載するためこの記事は掲載されなかったのですが,「2月に行われる予定の2回目の駐車場無料化の社会実験は中止」ということになったようです.一日平均の利用者が85人で予想の1000人(!)を大きく下回ったためのようですが,そんなの1000人と予想した人を糾弾して欲しいところです.今回の社会実験で貴重な税金を使っているのですが,今度は購入した商品を自宅までタクシーが無料で届けてくれるという社会実験だそうです.

この社会実験は経済産業省の補助金を使っているとのことですが,久留米市では久留米井筒屋跡地をハイマート久留米が購入して市民会館を建てるという景気の良い話が出ているようです.
最近までは久留米市で一番高い建物といえば久留米市役所(やっと高層マンションが出来て市役所より高い建物が出来た)というこの町に暮らす人はまたもや苦労しそうです.

上の記事を読むと,今までの市民会館を建て替えるのに用地費以外で96~120億円,年間の維持費が今の年1億円から2億6千万~3億3千万に増加するとの見積のようです.
そんなことより,下の記事のような軽トラ朝市をやって人を集めるほうがいいと思うんだけどね.

« iPhoneで完全オフラインで使えるカーナビnavico | トップページ | 未成年者にiPhone/iPod Touch/iPadを使わせるために出来ること[2010版] »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析