« ソフトバンクモバイル「ホームアンテナFT」の自宅調査 | トップページ | Google Apps standard editionとお名前.comで自前ドメインを作ってみた. »

2010/03/15

炊飯器が壊れて土鍋でご飯生活はじまる

先々週の半ばに,結婚するときに購入した炊飯器が壊れてしまいました.5年保障ぎりぎりだったので慌てて購入した店舗に持ち込んだところ,

「あ,これは一年保障ですね.」

と言われて撃沈しました.まさか炊飯器が壊れるなどとは予想だにしなかったのです.

炊飯器は故障と言うよりも蓋をしめると開かなくなるという不思議な現象でした.いったん蓋を閉めると大の大人がグーでたたいてやっと蓋が開くという状況だったのです.

ということで,炊飯器の代わりにご飯をどうするかと考えたところ,「土鍋で炊いたらいいじゃないか!」ということに気づきました.

早速google先生に聞いてみたところ,まさにそのものズバリな「どなべごはんドットコム!」というページを見つけました.

よく見ると下に小さく「大阪ガス」の文字が.右上にも「ウィズガス」とあるように,ガスを使ってご飯を炊いてみようというページのようです.


実は土鍋でご飯を炊くという作業は実に簡単なのでありました.

手順としては上にあるように,お米を洗う→1合に対して200cc強の水を入れる→30分水につけておく→土鍋で沸騰するまで強火→弱火にして5分→火を止めて20分むらす

というだけでいいのです.我が家では3合を一度に炊いているのですが,この時期は沸騰するまで6分程度かかりますので,1時間程度で炊きあがります.

土鍋でご飯を炊くとこげが出来たりして鍋を洗うのが大変と思ったのですが,意識的におこげを作らない限り土鍋が汚れることはなく,洗うのもとても簡単でした.

おまけに,炊飯器で作った炊きたてごはんは熱くて食べられませんが,土鍋で蒸らしたご飯は温度もちょうど良く,ご飯粒が立っている感じでとても美味しいのです.

びっくりしたのは土鍋で炊いたごはんを翌日電子レンジで温めて食べるときに明らかに味が違うのです.

これなら土鍋ご飯を毎日食べたいところですが,炊飯器の修理が終わったら毎日土鍋というのはむずかしそうなので,週末のご飯なんかに土鍋ご飯を炊いてみようと思っています.

【3方向からの豊富な画像付】定番中の定番日本製 銀峯花三島土鍋9号・3-4人用【万古焼】
【3方向からの豊富な画像付】定番中の定番日本製 銀峯花三島土鍋9号・3-4人用【万古焼】

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追記 このときに某B電器に修理をお願いしたのですが,その対応がはんぱなくひどかったのでここにメモをとっておきます.3/6に見積もりをとってもらうためにB電器に出し,翌週の3/8に留守電が入っていたので電話したところ,\3570円と言われました.早速修理をお願いしますと電話口で言った時に「3~4日で終わるでしょう」と言われたにも関わらず何の連絡もないまま一週間を終えようとしたので3/12に電話したら折り返し連絡しますと言われ放置.翌日再度電話をしたところ,折り返し電話があり,「修理サービスへFAXを送ったけれども相手が受け取ってないと言っている」とのこと.どちらも同じB電器なので責任の所在は明確なはず.結局3/13付けで部品を発注するという羽目になりました.そこからは急いでいたようで3/15夕方に携帯に電話があり修理が完了したとのこと.地元密着とうたっているB電器でこの始末.

« ソフトバンクモバイル「ホームアンテナFT」の自宅調査 | トップページ | Google Apps standard editionとお名前.comで自前ドメインを作ってみた. »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析