« ソフトバンクモバイルのフェムトセル「ホームアンテナFTサービス」の申込書が来た | トップページ | PhilipsのイヤフォンSHE9700-Aをamazon.co.jpで買った. »

2010/02/23

Windows7のkernel-power病を調べてみる[2012/07/11追記]

Windows7 Home Premiumを新規インストールして使っているのですが,どうもエラーが多い感じがします.
私のところでは,休止状態からの復帰時にエラーが出ているようなので休止状態に入れないようにしました.休止状態に入れないようにするにはコマンドプロンプトから,

powercfg.exe /hibernate off

で良いようです.とりあえずこれで休止状態が関係するエラーは避けられるはず.

また,Windows7では詳しいエラーを知るには「スタート」→「コンピューター」を右クリックで「管理」が選べるので,コンピューターの管理ツールを起動してイベントビューアーを見てみます.

Kernelpower

「コンピューターの管理」が起動したら,左画面にある「イベントビューアー」をクリックしてしばらく待ちます.

イベントビューアーの概要をよく見ると,「重大」レベルがこの1週間で3回起こっていることがわかります.また,そのイベントIDが41でソースがKernel-Powerとなっています.

で,Google先生に聞いてみたら,「Kernel-Power41病」として結構有名になっているようです.2chでは「Windows7 不具合報告スレ Part2」にありました(読めなくなったらこちらから検索してください).

それとは別に,「帰ってきたバンブー日記」に「【Win7】ブルースクリーンの原因を探る。」という記事がありました.

これによると,Microsoft謹製の「Microsoft Debugging Tools」を使うことでブルースクリーン時のダンプから原因を調べてくれると言うことなので,さっそくダウンロードしてみました.

Microsoft Debugging Toolsはこちらのページからダウンロードします.私は32ビット版なので「Microsoft Debugging Tools for Windows 32ビットバージョン」をダウンロードしました.

インストールが終わると,管理者でWinDbgを起動します.WinDbgのバージョンは6.11.0001.404 X86を使用しました.

Windowsがブルースクリーンになって再起動した場合には,windowsディレクトリにあるminidumpフォルダに*.dmpというファイルを作成しますので,WinDbgをFile→Open Crash Dumpより*.dmpファイルを開きます.

私のWindows7がブルースクリーンで再起動したのは数回あったのですが,これで原因を調べていったら,以下に問題があったようです.

ntkrnlpa.exe
cbfs.sys

の2つに問題があったようです.

ブルースクリーンで再起動したうち,今朝の1回だけがcbfs.sysで残りがすべてntkrnlpa.exeが原因のようです.

ntkrnlpa.exeに関しては,「餅と輪」に「ブルースクリーン(BSOD)連発 ntkrnlpa.exeが原因か」という記事があり,PAEをデフォルトにする方法が書いてありましたので,早速PAEをデフォルトに変更してみました.

PAEをデフォルトにするのはコマンドプロンプトから

bcdedit /set pae default

と入力するだけのようです.

また,今朝ブルースクリーンになった原因である「cbfs.sys」ですが,国内ではほとんど検索しても出てこなくて,googleさんは英語でしか見つけることができませんでした.

cbfs.sysはwindows\system32\driversに入っており,Eldos Corporationという会社が作成しており,Callback File Sytem Driverという説明があります.

また,ファイルバージョンは2.5.54.139となっており,製品バージョンは2.3.54.14のようです.

cbfs.sysに関してはまだ情報が足りない感じです.

追記[2010/03/17] 今朝もスタンバイ復帰時にKernel Power 41エラーが出てしまいました.どうもCPUの可変クロックが問題との話を聞いたので,BIOSでCool'n'QuietをDisableにし,K10statでCPUの速度をコントロールすることにしてみました.

UACが入っているとK10statを起動時に自動起動するにはタスクスケジューラに登録する必要があるようです.こちらをみてタスクスケジューラにK10STATを登録してみました.

[2010/03/23] 連休明けにスタンバイから復帰してみたところ,エラーも出ないようなのでkernel power病はとりあえず収まったと思われます.AMD PhenomIIとWindows7でKernel Power 41エラーが出る人はこれで対処できるかもしれません.

[2011/02/07] Kernel Power41エラーで検索するとこのページが上部に出てくるようになってきたのでちょっと責任を感じています.私のPCは昨年末からKernel Power41エラーでブルースクリーンを多発しており,もうどうにもならない状態になりました.しかし,発想の転換でメモリをもう一台のPCと交換することで解決したようです.メモリを交換することで可変クロックも固定することなくなりました.

[2011/02/24] 結局,PC二台のメモリ交換でもエラーは消えなかったのでAmazonで一番安いDDR3メモリ2x2GBを購入して取り付けたところ無事に稼動しています.しかし,こんどは度重なるブルースクリーンでWindows Updateが出来なくなってしまいました.

ちなみに,Microsoftは公式にKernel Power 41エラーについてこちらで説明しています.また,マイクロソフトサポートオンラインでは「Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で Windows カーネル イベント ID 41 エラー"システムは正常にシャットダウンする前に再起動しました" が発生する」という名前で出ています.

追記の追記 結局,メモリ交換したVistaはKernel Power 41エラーは出なくなったのですが,今度はWindows 7の方に出るようになりました.結局の所はAMDのビデオドライバーを更新すれば良くなることが多いようで,「Kernel-Power 41エラーが出るのでAMD Catalyst Control Center(CCC)をアップデートする.」に詳細を書いています.

Windows 7 上級マニュアル
Windows 7 上級マニュアル
技術評論社  2009-10-22
売り上げランキング : 914

おすすめ平均  star
star役に立ちます
starシスアドの方に向いています。
star買って正解でした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« ソフトバンクモバイルのフェムトセル「ホームアンテナFTサービス」の申込書が来た | トップページ | PhilipsのイヤフォンSHE9700-Aをamazon.co.jpで買った. »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析