« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/24

米Amazon.comでDisney DVDを買った(2009/11)

今まで,何度か米Amazon.comからDVDを購入した(1)(2)ことがあったのですが,また円高ということでDisney Sing Alongシリーズを購入しちゃいました.アメリカから郵送だったので,実質2週間で自宅に届きました.

Disney Sing Along Songシリーズは簡単な英語の歌に歌詞がついているもので,ディズニーの名作映画から歌のシーンを抜粋して作っていたりするので小さな子供にはとてもおすすめです.

今回購入したのは次の4点です(下はアメリカamazon.comへのリンク)




本当は一番最初のクリスマスのSing Along Songsが欲しかったのですが,シーズン中なのか年明けの発送になるというメールが来て,結局残る3枚だけが先に送られてきました.

Disney PrincessシリーズはDisney映画に出てくるプリンセスが歌っているシーンを中心に作成されていますが,シンデレラ2やムーラン2などのビデオ映画作品からのものも結構ありました.

Disney Prinsess Vol.3はハイブリッドディスクになっており,PCでゲームが出来るみたいです.

これらのDVDは日本のDVDプレーヤーでは再生できないので,リージョンフリーのプレーヤーなんかが必要になります.また,バックアップをとるのも,RipGuardがかかっているのでちょっと大変です.DVD DecrypterをISOモードで起動し,ISOファイルを作成し,DVD ShrinkでISOを圧縮すれば良いようです.

とはいえ,実はそのうちいくつかは日本のAmazon.co.jpから結構安い値段で購入できるんですよね.これならわざわざアメリカから輸入する必要がないかもしれません.

(下はAmazon.co.jpへのリンク)

2009/11/18

Googleで「Microsoft Security Essentials」と検索すると…

表題の通り,Googleで「Microsoft Security Essentials」と検索すると次のような結果となります.

Mse_google1

拡大してみます.

Mse_google2

そうです.ウィルスバスターがGoogle Adwors広告を出しているんです.
2chでこれを見てうちのPCで試したところ何も出ませんでした.

Mse_google3

実は,私が使っているブラウザはFirefoxで,Adblock Plusを有効にしていたから見えなかったんです.

私は日本語のMozilla Firefoxまとめサイトにあるフィルタを使っているので表示されなかったみたいです.
やはり,Microsoft Security Essentialsはウィルス対策ソフトメーカーにとっては大変な脅威となっているようです.

2009/11/17

マクラーレンのベビーカーリコール問題について

先日から話題になっているマクラーレン社のストローラー(ベビーカー)のリコール問題,ついに日本のコストコも対応を発表しました.

重要なお知らせ

米国マクラーレン社は、米国内で販売したストローラーの自主的安全予防措置を決定致しました。
米国マクラーレン社は、米国マクラーレン社製のストローラーをご購入の全てのお客様や販売店に、ベビーカーの開閉に際し指を挟む恐れのあるストローラー側面の接合部分をカバーする部品を、無償で供給することを決定致しました。この自主的措置は、該当商品をご使用中のお客様に、商品の開閉の際に注意を喚起するものです。
コストコホールセールジャパンは、マクラーレン社製のストローラーを輸入、販売致してまいりました。コストコホールセールジャパンにて、マクラーレン社製のストローラーをご購入いただいた会員様は、今回の自主的措置の対象となります。
弊社では、現在、今回の自主的措置に該当する全ての会員様のために、カバー用キットを米国マクラーレン社より入手すべく努力しております。弊社がメンバー様のカバー用キットを入手するまでは、ストローラーの開閉には十分にご注意の上、商品をご使用ください。また、返品をご希望の会員様には、コストコホールセールジャパンの会員保証と致しまして、お近くのコストコ倉庫店にて該当商品と引換えに代金を全額お返し致します。

ということで,マクラーレンのベビーカーをコストコで購入した人は
①返品・返金
②カバー用キットを配布(かなり時間がかかりそうなので,ストローラーの開閉には注意して使ってね)

ということになったようです.

もちろん,日本での正規輸入代理店の野村貿易ではフリーダイヤルとwebによる受付でヒンジカバーを11/17より無償配布するんだそうです.

Maclaren1

実際に指を切断した子供や,大けがをした子供がいるということなので,マクラーレンのベビーカーを使っている人は取り扱いに注意してくださいね.我が家ではマクラーレンはしばらくの間休息させることにしました.

Googleの有料追加ストレージに加入してみた.

2009年11月10日にGoogleがGmailやPicasa Web Albumsで使えるストレージとして販売している有料サービスの価格体系が一新されました.日本語でのニュースはこちらをお読みください.年間$5.00で20GBは安いと思ったので早速加入してみました.

以前は一番安いプランで,年間$20で容量6Gだったのが,今度からのプランでは年間$5で20Gも使えるようになりました.Picasa Web Albumsは1GBしか無料で使えないので,家族に公開する用だけのアップロードとなっていましたが,20GBまで使えるようになるのならば,メインのデジカメ写真用ストレージとしていけるんじゃないかと思って勢いで契約しちゃいました.

# 実はADSLなので上りの速度が遅いので実際には無理っぽいけど.

Google Picasa Web Albumsのトップにあるリンクからたどって契約していきました.Google Checkoutにクレジットカードを登録しないと契約できないので,クレジットカードがない人は作っておく必要があります.

Picasa_up

最初の画面は追加容量の購入です.「プランを選択」から20GB(年間$5.00)を選択し,右にある「購入」ボタンを押します.この画面には,「新しいプランは毎年自動的に更新されますが、このページに戻って無料プランを選択すると,いつでも自動更新を無効にできます.更新日の30日前にGoogleからご連絡します。」と書いてあるので,更新日の30日前にはGoogleさんからメールが届くはずです.

Google_checkout1

次の画面では,Googleアカウントにクレジットカードを追加します.ここで注意するのはCVCコードです.クレジットカードの裏側に書いてある数字の後ろ3桁を入力します.登録時の住所ですが,「国際的な形式」ではなく,「日本国内の形式」に変えて入力する必要があります.すると日本国内の郵便番号・都道府県・市/区・請求書送付先・電話番号が入力できるようになります.利用規約を読み,「同意して続行する」ボタンを押すと次の画面です.

Google_checkout2


Google_checkout3

Google Checkoutの注文画面では,2つのチェックが入れられます.一つは「メールアドレスを非公開にする」,もう一つは「Googleからプロモーションメールを受け取る」です.必要に応じてチェックを入れ,「今すぐ注文する USD 5.00」のボタンを押したら注文完了です.本日のレートでは,$5.00は\445となっていました.

Google_checkout4

最後に,完了のページに遷移します.これで完全に終了です.申し込んだ容量が使えるようになるまでに24時間かかるようですので,しばらく待っていれば良いようです.

Google_checkout5

2009年11月現在,Gmailで無料で使える容量として7.29GBあります.しかし,Picasa Web Albumsとしてはそのうち1GBしか使えません.年間$5.00で20GBも使える時代になったことに感謝です.

追記[20091118] 今朝になったら,Googleの有料追加ストレージが有効になっていました.

Google_paid

2009/11/09

ドラマ「湯けむりスナイパー」の続編決定か?

Yukemuri

2009年の春ドラマの中で異色を放っていたテレビ東京系列「湯けむりスナイパー」をご覧になったことがありますでしょうか?テレビ東京系列の深夜お色気枠のドラマで,しかも原作がコミックというB級らしさがムンムンするこのドラマ,実はかなり面白かったのです.

湯けむりスナイパーの主演は遠藤憲一さんで,放映当時はフジテレビ系列で木曜22:00から上映の阿部寛主演「白い春」でパン屋の主人を演じていたために,週に2回遠藤憲一(エンケン)が活躍していたのです.

遠藤憲一さんといえばとにかく「声」です.NHK教育テレビ「シャキーン!」や日産TIDAでおなじみの,一度聞いたら忘れない系の俳優さんです.

ドラマ「湯けむりスナイパー」は脚本・演出がオフィスクレッシェンドの大根仁さんなんですが,彼のblogを読んでいたら「某ドラマの続編決定」という意味深なエントリーがありました.

出来るならば湯けむりスナイパーの続編でありますように.

追記[20091118] 大根仁さんのところで見つけました.来年(2010)の1月2日に正月スペシャルとして戻ってくることが本日発表されました.これでお正月が楽しみです.

Yukemuri_2010


湯けむりスナイパー DVD-BOX

2009/11/05

Windows98/2000で使えるウィルス対策ソフト/セキュリティソフト一覧[2009-2010版]

以前Windows2000で使えるウィルス対策ソフトという記事を書いたのですが,それから日が経ち,2010版のソフトが出そろったので改めて動作環境を調べてみました.

2009-2010年度はウィルス対策ソフト単体での発売が少なくなり,「○○○インターネットセキュリティ2010」という商品が増えてきました.

ノートンインターネットセキュリティ2010

Norton2010

ということで,ノートンインターネットセキュリティ2010はWindowsXP(SP2)以降です.Vistatと7は64bit対応.

ウィルスバスター2010

Virusbuster2010

Windows XP SP2以降.Vistatと7は64bit対応.

カスペルスキーインターネットセキュリティ2010

Kaspersky2010_2

カスペルスキーインターネットセキュリティ2010ですが,Windows7対応は12月予定なんだそうです.現時点ではWindows XP(SP2)以降で使えるようです.また,WindowsXP Professhional x64環境で使えると書いてあります.

ESET NOD32 Antivirus4 /Eset Smart Security4

キヤノンITソリューションズが販売しているESET社のアンチウィルスNOD32 Antivirus4とセキュリティソフトESET Smart Security4はOS対応表がpdfで出ています.
これによると,NOD32AntivirusはWindows2000 Professional以降,Smart Security4はWindows XP以降で使えるようです.また,64bit環境では,Windowx XP Professional x64環境にも対応.Windows7はアップデートで対応しているようです.

以前はNOD32 V2.7というバージョンで以前のOSにも対応していましたが,V2.7は2008年で販売終了とのことです.残念.

F-secure インターネットセキュリティ2010

エフセキュア社のセキュリティソフト「F-secureインターネットセキュリティ2010」は,Windows XP以降対応.Vistaは64bitに対応.

Fsecure

マカフィーウィルススキャンプラス2010 / マカフィーインターネットセキュリティ2010

マカフィー社のウィルス対策ソフトである「ウィルススキャンプラス2010」とセキュリティソフトである「インターネットセキュリティ2010」はいずれもWindows2000(SP4)以降.丁寧にWindows98では動作不能と書いてあります.Vista/7では64bitも対応.

Mcafee

一方,フリーで使えるアンチウィルスはWindows2000の対応は市販の製品よりは良いですが,これもまた少なくなりつつあります.

キングソフトアンチウィルスU(キングソフトインターネットセキュリティU sp1)

Kingsoftu_sp1

中国キングソフトの無料セキュリティソフト「キングソフトインターネットセキュリティU SP1」は32bit版のみでWindows2000以降対応.

avast!4  Home Edition

登録することで一年間無料で使うことが出来る(家庭内の利用)セキュリティソフトであるAvast!4 homeですが,2009年11月現在のバージョン4.8の動作環境は次の通りです.

Avast

Windows95以降で使えるとありますが,下に小さな注意が.「Windows95/98/Me/NT4のオペレーティングシステムは2009年末までサポートされます.」えええ-.来年以降はサポートされないんですね.

Bitdefender10 Free Edition

Bitdefenderfree

Bitdefender10 Free版はWindows XP(SP2)以降32/64bit版に対応しているようです.Windows7対応は不明.

Grisoft AVG Anti-Virus Free Edition 9.0/ Anti-Virus Free: Small Business Edition

Grisoft社が無料で配布しているのは,家庭使用目的で無料で配布しているAVG Anti-Virus Free Edition 9.0と,5台までの小規模オフィスでの無料使用に対応したSmall Business Edition版です.Free EditionはWindows2000以降対応,Small Business EditionはXP以降の対応です.

Avg_free

上はAVG Anti-Virus Free Editionの動作環境です.

Avg_business_2

こちらはSmall Business Editionの動作要件です.XP以降でx64も大丈夫.Windows7は現時点でbetaでの検証のようです.

Comodo Internet Security(CIS)

Cis

Comodoの統合セキュリティソフトCISはWindowsXP(SP2)以降になっています.Windows Xp/Vista/7 64bitまで対応.日本語化されたので取っつきやすくなりました.

Avira AntiVir Free

2009年12月日本語化予定のAvira AntiVirには,Free版があります.PDFのドキュメントを読んでみるとWindows2000以降対応のようです.日本で代理店をしているpromarkによると市販版のAvira AntiVir ProfessionalはWindows2000以降対応とありますが,2011年7月13日でWindows2000のサポートを終了するとあります.

Avira_pro

Moon Secure Antivirus

完全無料で使えるアンチウィルスソフトのMoon Secure Antivirusですが,FAQにWindows98では使えないと書いてあります.

また,topに「It is built for windows and runs on XP and vista. 」とありますのでWindows2000でも使えるのではないかと思われますが,想定しているのはXPとVistaのようです.

Clamwin Antivirus

Clamwin

非常駐型のアンチウィルスソフト.Linux版のclamavを元に作成されている.topを読むとWindows98以降は使えるようです.

今のところ,Windows95で使うにはAvast4! home(2009末まで)しかなく,Windows98で使うには,Avast4!  home(ただし2009まで),Clamwinの2つ(実質一択か)だけとなりました.

最後に,まとめた図を貼っておきますね.

Antivirus_20092010_2_2


以前はもうすこしあったんですが,2009末ではこのような状況となっています.
もしも訂正があればメールかコメントをお願いします.

追記[20101026] 2010年夏のWindows2000サポート終了を受けて各社ともWindows2000サポートを終了しています.そんな中唯一とも言えるWindows98/2000で使えるウィルス対策ソフトであるClamwin/Clam Sentinelについて記事を書いたのでこちらをご覧ください.

無料のウィルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」に変えてみた.

Mse_top

Microsoftが無料で公開をはじめたアンチウィルス・スパムウェア対策ソフトの「Microsoft Security Essentials」を導入してみました.Microsoftによると正規のWindowsXP以降であれば使えるようにありましたが,よく読むとこう書いてありました.

MicrosoftによるMSEのライセンス

1インストールおよび使用に関する権利。

○お客様は、本ソフトウェアの任意の数の複製を居住者による使用を目的としてまたは、在宅スモール ビジネスの使用を目的としてデバイスにインストールして使用することができます。

とありますので,SOHOでの利用は大丈夫だけれども企業での利用はライセンス上駄目ということですかね.なので,個人利用目的のPCやSOHOであれば自由に使えると考えて良いみたいです.

MSEのインストール
Microsoft Security Essentials(MSE)のインストールは実に簡単です.MSEのサイトからMSEをダウンロードし,出来ればネットワークを切断してから既存のウィルス対策ソフト・セキュリティソフトをアンインストールします.その後,再起動してからMSEをインストールします.インストール後,LANに接続してウィルス対策情報を更新します.MSEはインストール後にスキャンをしますので,最初は結構時間がかかりますが,それ以降は結構軽めなのではないかという印象です.

Mse_update1

MSEの利点としては設定可能項目が少ないと言うことです.たぶんデフォルトの設定のままで普通に使えるのではないでしょうか.ただ,データの更新の頻度についてはちょっとわからないところがあります.なので,一日に一度は「このコンピュータで,スケジュールされたスキャンを実行する」にチェックを入れておくと良いかもしれません.

Mse_update2

Microsoftは一日に一回は定義ファイルの更新を行っていると言っています.Windows Updateと連携していて,自動更新になっているとMSEの定義ファイルも自動で毎日更新されるようなんですが,どうも私のPCは更新されないようなので別の方法を調べてみました.

MSEは手動でも無理矢理日々の定義ファイルの更新をすることができます.上の図のように手動で更新できるけれども面倒くさいなあと思っていたら,なんとコマンドラインでアップデートできることを知りました.

Microsoft Security Essentialsまとめサイトによると,「コマンドラインで操作する方法」というページがありました.
これによると,コマンドプロンプトで「MpCmdRun.exe」を実行する際に「-SignatureUpdate」というオプションをつけると良いようです.

Vistaでは,MpCmdRun.exeは「c:\program files\security essentials\」ディレクトリに存在していましたので,このディレクトリに移動し,「MpCmdRun.exe -SignatureUpdate」と入力すると新しい定義ファイルの更新を確認します.

このままでは面倒なので,「アクセサリ」→「システムツール」にある「タスクスケジューラ」に登録してみます.更新の頻度を決めて登録すれば自動で新しい定義ファイルをダウンロードしてくれます.

必要メモリについて



Microsoft Security Essentialsまとめサイト
によると,裏で動くプロセスは以下の3つだそうです.

    * Microsoft Malware Protection Command Line (mpcmdrun.exe)
    * AntiMalware Service Executable (msmpeng.exe)
    * MpCmdRun.exe
          o スキャン時のみ

うちのVista Home Premium君にMSEをインストールした状態で,タスクマネージャを起動してメモリを見てみたところこんな状況になりました.タスクマネージャでは,「全ユーザーのプロセスを表示する」にチェックしないとMsMpEng.exeが見えないようです(Vista).

Mse_memory_2


これによると,MsMpEng.exeは545,00K,msseces.exeは3,240Kのメモリ消費になっています.上にあるMpCmdRun.exeはスキャンやアップデート時のみのようなのでタスクマネージャにはあらわれていません.

Windows DefenderやWindows Firewallとの関連について

Microsoft Security EssentialsはWindows Defenderの内容を含んでいるために,Windows Vistaでは自動的にWindows Defenderがアンインストールされます.Windows XPではWindows Defenderをアンインストールした後にMSEのインストールをした方が良いようです.

また,Vista以降ではWindows Firewallの性能が向上しているので,自宅でブロードバンドルーターの内側にネットワークを組んでいるようなPCでは市販のファイヤーウォール製品まで導入しなくてもVistaに付属のWindows Firewallで十分のようです.なので,今回はMSEとWindows Firewallの組み合わせで使っています.

というわけで,我が家ではMicrosoft Security Essentialで良さそうです.

2009/11/02

ユニデンの地デジチューナーDT100-HDMIが壊れた

実家のブラウン管テレビ用に2006年に購入し,設置していたユニデンの地デジチューナー「DT100-HDMI」が壊れたと実家の父から連絡を受けました.どうも正面についているランプが2つとも点滅しているとのことでした.

以前書いた記事を見てみると,2006年の11月に設置していたのでもう3年経つんですね.2007/11にはアップデートで動かなくなりましたが,それ以降無事に動いていました.

で,ユニデンのwebに行ってみたら,0120のフリーダイヤルがありましたので早速電話して確認してみました.以前も苦労したのですが,サポートが月-金の9:30~18:00までなので,週末は連絡できないんです.

週末に実家に行ってチューナーを回収し,フリーダイヤルに電話したところ,着払いで送ってくださいとのことだったので,連絡先を聞いてクロネコヤマトの着払いで送ることにしました.実は佐川急便だと自宅に回収に来てもらえるとのことだったのですが,コンビニから出せるクロネコヤマトを選択しました.

電話で症状を告げたところ,「たぶん金額はかからないと思いますが…」という感じでしたので,かかっても数千円のオーダーでしょう.近所じゃイオンで地デジチューナーが\4750円で売ってる時代になりましたが,実家のテレビはD端子がついているので,ハイビジョンで地デジを見られるDT100-HDMIは便利だったんですよね.

と思って調べてたら,先月バッファローからD端子付きの地デジチューナーDTV-H300が発売になっていたんですね(発売はまだみたい).実売価格は7千円程度とのことなので,HDMIにこだわらなければこれで十分のようです.DT100-HDMIは番組表が見られないので,番組表+D端子付きのDTV-H300はブラウン管ハイビジョンテレビ(地デジなし)にはもってこいの選択肢ですね.

追記[20091118] 先日,ユニデンダイレクトに電話して聞いてみたところ,「基盤の交換」ということで無償の修理が終わったようです.今週中には自宅の方に送るとのこと.2年経ってるけれども無償で修理してくれたユニデンさん,ありがとうございます.

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析