« ソフトバンクのワンクリック詐欺対策には730scを | トップページ | Windows98やWindows2000で使えるウィルス対策ソフト »

2008/11/05

Virtualbox2.04でUbuntu8.10を使ってみる

Sunに買収されたVirtualboxですが,現在でも無料で使うことができるのでいろいろなOSを入れて遊んでおります.

今回,Ubuntu8.10がリリースされたのでUbuntu8.04からアップデートしようと思ったのですが,なんせ仮想ディスクなので容量が足りないといわれたので8Gの容量を作って新規にインストールしました.

インストール自体は簡単で,Virtualbox特有の「Guest Additions」といわれるソフトをインストールすることでマウスの統合化とウィンドウサイズを大きく出来るようになります.

しかし,私のコンピュータではマウスの統合化だけは出来ませんでした.

調べてみたら,Virtualboxのフォーラムに同様の書き込みがあり,それによるとxorg.confに

Section "InputDevice"
   Identifier   "Configured Mouse"
   Driver       "vboxmouse"
   Option       "CorePointer"
EndSection

を加えるとよいとありました.
私のxorg.confは上記の文章を加えるだけでなく,上の文章でいくつかコメントアウトすることでマウス統合化が出来るようになりました.

ウィンドウサイズが変更できない場合は,いったんタイトルバーをダブルクリックしてもう一度ダブルクリックすることで最大サイズになりました.

Ubuntu8.10になって便利だったのは,clamavをインストールしたら最新ァイルだったということでした.8.04まではソースからビルドしないと最新版が使えなかったのですが,これでclamavのインストールも簡単になりますね.

Ubuntu810





カンタンUbuntu!(2)

« ソフトバンクのワンクリック詐欺対策には730scを | トップページ | Windows98やWindows2000で使えるウィルス対策ソフト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析