« Moon Secure Antivirusのサイトが落ちてた(現在は復旧済) | トップページ | ソフトバンクモバイルのさらなる改悪(あんしん保証パック) »

2008/10/23

Acer Aspire Oneのタッチパッド

Aspire OneにはSynapticsのタッチパッドが搭載されています。

私は以前からトラックパッド(IBMなど)の愛用者で、その後Librettoも使いましたが、個人的にはノートPCはトラックパッドが一番使いやすいのではないかと思ってました。

しかし、意外にAspire Oneのトラックパッドも(その使い方がわかれば)使いやすくなるということに気がつきました。

以前から、人のノートを使った際にタッチパッドだけは触らないようにしていました。その理由は、勝手に変な挙動をするからというものでした。

今回、タッチパッドの設定を見てみると、現代のトラックパッドは以前のものにくらべてかなり使いやすくなっているように感じました。以下あげてみると、

・Aspire Oneの場合、右と左のボタンが使いにくいのですが、シングルクリックはパッドをタップ(軽くあてる)、ダブルクリックは二回タップすればいいのです。

・また、スクロールなんですが、通常はスクロールバーにカーソルを持っていき、左ボタンをクリックしながらパッドをなぞるという作業が必要なのですが、「カイラルモーションスクロール」という設定をすれば上下のスクロールはパッドの右側で指を時計回り(反時計回り)になぞるだけでスクロールしてくれます。

Touchpad3_2

その際、変なうずまきが出てくるのですが、その渦巻きがカイラルスクロールの状態を意味しているようです。

そのカイラルスクロールですが、最初はなれずになんども失敗しましたが、どうも以下のポイントに注意するだけで飛躍的に使い勝手がよくなるようです。

それは、

(1) 対応するアプリケーションと対応しないアプリケーションがある。

たとえば、Firefox3ではカイラルスクロールはとてもうまく作動しますが、渦巻きはあらわれません。一方で、Google Chromeでは渦巻きは出るけれども上手にスクロールをすることができません。

渦巻きが出る/出ないとは関係ないかもしれませんが、使いやすいアプリケーションと使いにくいアプリケーションがあるのは事実のようです。

(2) スクロールの方法

マニュアル(というかヘルプ)を読むと、マウスの右側で時計回りか反時計回りになぞればスクロールするとありますが、実際にはタップを上に少し動かしてその後に回転させるとより認識しやすいようです。

右クリックへの対応

Aspire Oneを使っていると、右クリックが使いにくいです。それは本当。
しかし、これも設定でタッチパッドの左上の部分を右クリックに割り当てることができるのです。

そうすることで、右クリックボタンも使わずにタッチパッドだけで運用できるはず。

Touchpad2_2


ドラッグへの対応

最後に、ファイルのドラッグについて。ファイルのドラッグもタッチパッドで対応しており、二回目にタップしたまま引っ張るとドラッグになります。これは練習が必要かもしれません。失敗するとダブルクリックになります。

Touchpad1_2

これらの設定をあわせることで、私はタッチパッドだけで十分にAspire Oneを使いこなせています。

しかし、どうも「修行」いやいやトレーニングが必要なのは確かなので、ぜひとも修行に励んでください。


« Moon Secure Antivirusのサイトが落ちてた(現在は復旧済) | トップページ | ソフトバンクモバイルのさらなる改悪(あんしん保証パック) »

Aspire One」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析