« 706scな日々… | トップページ | やっぱりユニデンクオリティなのかなぁ »

2007/11/08

TCA Oct. 2007

TCAによる携帯電話,PHSの2007年10月度の新規加入者数が発表になりました.大手メディアの論調は以下の通り.

「底上げできた」ソフトバンク6カ月連続トップ…携帯10月純増数
(フジサンケイビジネスアイ)

によると,ソフトバンクモバイルは,

ソフトバンクは前月比15万8600件増。「解約率が下がった上、店舗数増加など、総合的な底上げができた」と分析。番号ポータビリティーでも、「他社の新料金施策の影響は少ない」と、1万5700件の転入超となった。


で,ウィルコムは

 ウィルコムは2万3100件の純減と深刻だ。「厳しい環境が続いているが、10月10日から導入した割賦販売などで、さらなる浸透を図り、早々に純増基調に戻したい」と話している。

と書いてます.

また,日経系のメディアによると,

10月の携帯純増数はソフトバンク首位,ウィルコムは大幅な純減
(ITpro)

とこちらではタイトルに「ウィルコムは大幅な純減」と書いてありますね.
ここでは各会社のコメントは無し.

10月の携帯純増数、6ヵ月連続でソフトバンクが首位
(IT-Plus)

では,

 「一人負け」が続くNTTドコモは、10月の新規契約は想定を上回ったものの、解約数が増えたという。他社の割安な料金プランや機種の割高感が影響しているとみており、「割賦販売の導入で割高感をなくし、巻き返しを図る」と意気込む。両社の新料金体系を迎え打つソフトバンクモバイルは「競争力のあるホワイトプランやWホワイトプランでまだまだ新規獲得が狙える」としている。

とあり,ソフトバンクとドコモのコメントはあるけどウィルコムのコメントはなし.

ケータイ系の情報サイトで言うと,

10月の携帯・PHS契約数、ソフトバンクが好調を維持
(ケータイウオッチ)

PHSでは、ウィルコムが2万3,100件の純減となっている。同社は8月に1万3,900件の純減を記録し、9月はプラス300人とわずかに純増に戻していたが、10月は2万件を超える純減に転落した。同社広報部は、「割賦販売のW-VALUE SELECTを10月から本格的にスタートし、キャンペーンも開始した。しかし浸透までに時間がかかり、10月の数字には反映できていない。早期に浸透を図り、純増に戻していきたい」とコメントしている。


と,ウィルコムだけコメントをとっています.

以上の記事を読むと,おおむね「ソフトバンク堅調,ウィルコムかなり大変そう」という感じですね.ドコモとauに関しては新機種の販売が始まらないとよくわからないでしょう.

また,ソフトバンクについては,新しいキャンペーンが始まりました.今度は他社契約で1万円以上の請求書があれば新規加入(オプション条件あり)で1万円キャッシュバックだそうです.

ソフトバンク話し得1万円キャッシュバックキャンペーン

うわぁ,このキャンペーンのサイトをよく見ると,他社携帯の項目にこうあります.

NTTドコモ、au、ツーカー、ウィルコム、イー・モバイルをさします。

おねがいですからこれ以上ウィルコムを草刈り場にしないでください.

正直,Yahoo!BB ADSLの初期を思い出しますね.とにかくシェアをとるためには何でもするという.下手な販促費を使うよりも直接キャッシュバックした方が効果が高いのかもしれませんしね.

最後に,10月のTCAの個人的なまとめを.

・九州・沖縄地区の純増状況をまとめてみると,ドコモ5,800,au6,700,ソフトバンク16,800,ウィルコム-2,200でした.九州地区に関して言うとドコモとauはかなりの接戦というかソフトバンクの圧勝でしょうか.さすがはホークスの地元.

・上の記事ではウィルコムが首都圏で大損害とあるように,東京地区で-12,000も純減しています.しかし中国地方が+200な以外は全国で純減しているのでかなり深刻な状況なんだと思われます.新施策も効いてないみたいだし.たとえ実質無料で端末を入手しても「2年継続して利用する」という踏ん切りがつかないのでしょうか.

・ソフトバンクは純増158,000でプリペイドの解約が-36,300でした.なのにYahoo!ケータイに加入した数は97,000ということで,新規加入者のうち単純にトランシーバー利用(980円かスパボ一括)の数は約半数いることがわかります.ソフトバンクとしてはこういうユーザのセカンドケータイ利用をファースト携帯に切り替えたいところでしょうね.

・一方auはかなり堅調です.ソフトバンクがいなければ・・・というところでしょうか.MNPでのポートインとポートアウトの差も54,700の増であり,ソフトバンクの15,700の純増に比べるとドコモ→auへの移行はかなり進んでいるようです.

・ドコモは純増が39,100ですが,そのうちモジュールだけで34,500なので何とも….北海道では純減していますね.九州はドコモじゃないと使えないような場所が多いのでドコモの需要はかなりあるのですが北海道はどうなんでしょうか.

« 706scな日々… | トップページ | やっぱりユニデンクオリティなのかなぁ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析