« 感動をありがとう | トップページ | 久々のPC自作 »

2007/08/29

W-ZERO3でPlaceEngine mobileを使ってみた.

PlaceEngine (beta)とは,ソニーCSLが開発した無線LANを使った地図情報ソフト?なのです.

PlaceEngineによると,PlaceEngineとは,

PlaceEngine は、Wi-Fi機器を使って簡単に現在位置を推定し、周辺の関連情報を提供しやすくするサービスです。 Wi-Fiを装備している機器であれば、GPSを搭載していなくても簡単に現在の位置を取得することができます。アクセスポイントからの電測情報を用いますので、屋内や地下街のように、GPSが機能しない場所でも位置を求めることが可能です。


ということらしいです.

ここにPlaceEngineをインストールする方法が書いてありますが,Windows Mobile版もちゃんとかいてあります.

ここからクライアント版をダウンロードするとPlaceEngineクライアントソフトを起動することが出来ます.



WindowsMobile版というか,Willcom W-ZERO版の説明がここにあります.とりあえずは無線をONにしてから起動し,「現在地を取得」すると緯度経度とともに住所が表示されました.うちはFONルータを使っているせいなのか,住所がばっちり表示されています.

Planceengine1



ただ,右にある「PlaceEngine」ボタンをクリックしても「ブラウザを起動できません」というエラーがでています.

Placeengine2


説明を読むとOperaを起動して「http://www.placeengine.com/map/」を開いても地図が表示されるとありますが,私の環境ではうまく出ませんでした.(東京の地図がでる.)

画面に「現在地を表示」というボタンが出るのでクリックしてもなんの反応もありません.

このPlaceEngine,使われている無線LANから現住所が読み取れるというすばらしいツールなのですが,どこまで住所が読み取れるのでしょうね.都会では地下街などで使えると書いてあるのでかなり使えるのでしょう.

PSPソフトの「みんなの地図2」にもPlaceEngineの技術が入っているようです.「みんなの地図」シリーズはGPSアンテナがついて1万円程度で地図が購入できるので,これを機にほしくなりました.


PSPソフト みんなの地図2(GPSレシーバー同梱版)

【PSP】みんなの地図2地域版(西日本編)

« 感動をありがとう | トップページ | 久々のPC自作 »

ウィルコム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析