« Yahoo!BB 裏プラン編(終わり)と我が家の電話事情 | トップページ | TCA March. 2007 »

2007/04/05

ユニバーサルサービス料の不思議

NTT西日本の電話料金の明細をwebでみていて気になったことがあります.それは「ユニバーサルサービス料」です.

ユニバーサルサービス料とは,国内の離島や過疎地などの固定電話のサービスを維持する料金をNTT西・東が負担するのではなく,電話番号を持っている電話会社に負担してもらおうという考えのもと,番号1つについて7円を負担してもらうというものです.

なので,携帯電話やIP電話がユニバーサルサービス料を払うというのは(主旨はどうあれ)正しい考え方だと思われます.

しかし,NTTコミュニケーションズが行っている「プラチナライン」を契約すると毎月7円のユニバーサルサービス料を固定電話とは別に支払うことになっているようです.

???

なぜ??

番号1つについて7円を負担するんじゃないの??

で,聞いてみました.

プラチナラインのサービスの一つに携帯電話(3つまで)から固定電話への通話が一分16.8円(税込)になるというのがあるのです.

これは,任意の3つの携帯電話の番号を登録すれば0800-*******の与えられた番号に電話をすると自宅への通話となり,支払いは携帯電話会社からではなくてNTTコミュニケーションズからとなるのです.

このサービスのすばらしい点は,「プリペイド携帯からでも自宅へ一分16.8円で通話が出来る」ということです.

うちは夫婦ともにPHSなのでこのサービスの対象外となっていたので,両親の携帯電話に登録をしていつでもかけてもらえるようにしています.

その「0800-*******」の番号一つにつき7円のユニバーサルサービス料がかかっているんだそうな.

そうですね.確かに番号一つにつき7円ですよね…

今回の事でようやくながら気がついたのは,NTT西日本の「Myビリング」(NTTの固定電話の紙の請求書を廃止する代わりに割引するサービス)が100円(税抜)から110円(税抜)と割引が増えていたのでした.



« Yahoo!BB 裏プラン編(終わり)と我が家の電話事情 | トップページ | TCA March. 2007 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析