« 日本セッタイオブザイヤー決定 | トップページ | TCA2006Nov.MNPを過ぎて… »

2006/11/25

コンタクトレンズについて考える

最近(2006/11),朝日新聞がコンタクトレンズ処方専門店叩きに熱心なようです.

今年の四月からはCL診療所(患者のCL患者比率が七割以上)への診療報酬が引き下げられたのですが,全国チェーンの量販店(と付属する眼科)が四月以降思ったほど値段を下げていないので何かあるとは思ったのですが,どうもこういう原因があるらしい.

・コンタクトレンズをつけている人でも初めての人の検査料にしている(不正請求).

これは以下の毎日新聞の記事がわかりやすです.毎日新聞の記者が10人コンタクト販売店に付属の眼科で検査したところ,すべて初めてつける人の料金を請求されたとのこと.

・診療報酬の水増し請求

朝日新聞の記事に書いてあることから判断すると,いわゆるCL診療所でも通常の眼科と同じ(CL患者が7割未満)と報告することで診療報酬を水増ししているらしい.

・コンタクトレンズを求めてきた患者に対して「目がかゆいでしょ?」などと聞いて眼病の処方をすることでCL診療所にならないようにしている.

これは記事がないのですが,コンタクトレンズ屋付属眼科でやっていると聞きます.

それはそれでメディアの言うことはよくわかるのですが,医師会(眼科学会?)の言うことを一方的に聞いて消費者の利益をまったくもって考えてないような気がします.

私が住んでいる地元では,眼科の家族が経営するコンタクトレンズ屋が隣にあり,そのコンタクト屋でしか売ってくれないという話をよく聞きます.以前,処方箋をもらおうとしたらすべての眼科で断られた経験があるのでこれは本当です.

確かに,コンタクトレンズは高度管理医療機器です.医療器機は不具合が起こった時の人体のリスクの大きさ順にこう分類されています.

*(リスク大)高度管理医療機器>管理医療機器>一般医療機器(リスク小)

コンタクトレンズはこのうち一番リスクの高い高度管理医療機器です.これらは許可がないと販売できません.また,指定講習を受けないと許可が得られません.この高度管理医療機器についてはどちらかというと販売するほうの規制のようです.

では,私たちが使い捨てコンタクトレンズなどを購入する場合は必ず眼科を通さなければならないのでしょうか?

そこで,検索してみると平成17年の国会の議事録より以下の質問主意書と回答がみつかりました.

改正薬事法における医療機器販売業規制に係わるコンタクトレンズに関する質問主意書

三 本来使い捨てコンタクトレンズは処方箋初日から半年以内は、追加購入できるが、販売店によっては二週間分しか販売せず、二週間後に再度、眼科医の処方箋を求めたりするところもあるが違法性はないのか。  又、販売店と眼科医が併設あるいは共有されている店舗形態の場合、コンタクトレンズによる眼球障害以外は診察を行わず、他の眼科医での診察を勧めたりしている事例があるが、行政の立場で統一した販売方法、医療義務は徹底されているのか。他にもこのような事例の苦情等が関係機関に寄せられていないか。

この質問に対して,内閣総理大臣による答弁書がこれです.

コンタクトレンズ等の医療用具については、薬事法上、その販売時に販売の相手方が処方せんの交付を受けていることは求められておらず、どのように販売するかは、販売業者において適切に判断されるべきものである。 医師法(昭和二十三年法律第二百一号)において、診療に従事する医師は、診療治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならないこととされている。 また、御指摘のような事例については具体的に承知していない。

とあります.

これを見ると,コンタクトレンズを購入する場合,私たち購入者は処方せんを必要としないが,販売業者において適切に判断されるということです.

確かに,ジョンソンエンドジョンソンの使い捨てコンタクトレンズ(アキュビューシリーズ)はインターネット通販の場合でも処方せんが必要なようです.

ということは,アキュビュー以外の使い捨てコンタクトレンズは(年に一度眼科に自分で検診に行けば)一度作ったレンズデータから購入することができるらしいのです.


しかし,検索してみるとコンタクトレンズの通販会社にはアキュビューだろうが処方せんがいらずにレンズデータだけで購入できるというところがたくさんあります.

これらは,海外にある会社でシンガポールなどから直接自宅まで郵送してくれるいわば「個人輸入代行業者」なのです.

これらの会社は日本にある会社ではないので高度管理医療機器の資格もいらないしアキュビューシリーズを販売するのに処方せんの提示を求めなくてよいのです.

ネットでコンタクトレンズを購入する場合には国内にある会社か個人輸入の代行をしている会社かをよく確かめた上で購入したらいいのではないでしょうか.

« 日本セッタイオブザイヤー決定 | トップページ | TCA2006Nov.MNPを過ぎて… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析