« それに比べて迷走するボーダフォン | トップページ | TCA 2005/01 ついにこの日が来ました! »

2005/02/02

2/2 DDIPocketからWillcomへ

本日,DDIPcoketからwillcomへと会社名が変更になりました.

また,今日いわゆる京ぽん(AH-K3001V)と二世代目の味ぽん(AH-J3003S)のファームウェアとユーティリティソフトが更新されました.ここでのポイントは味ぽんのx4(128k)対応でしょう.

日本無線の味ぽん(AH-J3003S)のファームウェア更新により,PC接続時のみx4パケットで動作するようです.

また,このファームウェアにより,

・  電話帳の件数を500件から1,000件に拡張します。
・ 電話機内部の時計をパケット通信時に自動補正する機能を追加します。
※ファームウェアのアップデート後、自動補正機能がONとなります。
・ SSLサイトへの対応範囲を拡張します。
・ 対応オフィスシステム(PBX)を一部追加します。
・ 端末動作安定性の向上。

とのこと.結構頑張っているんですね.

さらに,京ぽん(AH-K3001V)ですが,ファームウェアバージョン1.7が発表になりました.こちらの変更内容はというと,

(1)株式会社ウィルコムへの社名変更に伴う画面表示の変更を行いました。
(2) 「PhoneTo機能」を拡張しました。
・内部ブラウザでのブラウジング時にPhoneTo機能を利用し通話している時、Operaキーを押すと直前に見ていたインターネット画面に切替わるようになりました。
※インターネットにはつながっていませんので、ご注意下さい。
(3)操作性を改善しました。
・保護メールを含んだメールを削除するとき、削除ダイアログのデフォルト位置を「削除を中止」に変更しました。

なんだそうです.x4パケット対応は微妙なところの様です.

ウィルコムが日本無線の音声端末を最大128kビット/秒に高速化
(ITPro 02/02)

 京セラ製のOperaブラウザ搭載音声端末「AH-K3001V」の4xパケット方式対応については「仕組み上は可能だが,対応する意味があるかどうか検討中」(ウィルコム広報)とするにどどまった。

仕組み上は可能なんだそうで.

最後に,パケット圧縮サービスやらAIREDGEPHONE単体での圧縮サービスがはじまりました.当面は無料なので使ってみましょうね!

« それに比べて迷走するボーダフォン | トップページ | TCA 2005/01 ついにこの日が来ました! »

ウィルコム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析