« 12/27 手術決定 | トップページ | Vodafone 2G端末は2005年で終了 »

2004/12/24

Willcomの新PHSサービス

DDI Pocket(来年2月からウィルコムへ)が新型PHSのサービスに関しての発表をしましたね.

これによると,

・新型端末(PCカード型)による256kbps接続(エアエッジ プロ)を来年2月以降に販売開始.

・米Ventury社との提携により「メガプラス」というデータ圧縮による体感速度向上プログラムを有償により販売開始(既存ユーザには来年7月まで無償提供)

・通信速度別呼称の変更

 32kパケット方式→1xパケット方式
  128kパケット方式→4xパケット方式
256kパケット方式→8xパケット方式

・従来の音声端末であるAirH"Phone向けにデータ圧縮サービスを開始.来年4月末までは無料で利用可能.

ということのようです.
やっぱり,PHSが携帯に伍して戦うには価格設定が鍵を握るはずです.DDIポケットの定額は通話料金が含まれていませんので,8xパケットで5000円程度だといけるのではないでしょうか?

「128k→8x(256k)でネットリソースは単純に2倍になるが,価格は倍にはならない」じゃ話にならないと感じるのは私だけ?2倍になって価格そのままでも高いと感じます…

音声端末のほうは噂の京ぽん2が128k(4xパケット)なのかで評価が変わってきますね.今の様子だと256k(8xパケット)はないだろうから,京ぽん2は4xパケットで出るんでしょうね.現在のところ,定額で利用できるフルブラウザは京ぽんのOperaだけなんでしょうから.しかし,今の速度じゃauのOperaに刃が立たない…(向こうは定額じゃないけど)

パケット圧縮サービスのテストのときに使った感じだと2倍とまではいかなくてもそこそこ反応は良くなったので,この
「メガプラス」に4xパケット方式で実質1Mクラスの転送速度が出れば満足でしょうね.

« 12/27 手術決定 | トップページ | Vodafone 2G端末は2005年で終了 »

ウィルコム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析