« Willcomの新PHSサービス | トップページ | 請求書の葉書化とグローバルコールプラン廃止 »

2004/12/24

Vodafone 2G端末は2005年で終了

という話が出ていますね.

第2世代携帯は来年で終了 ボーダフォン・津田社長(北國新聞)

 携帯電話大手ボーダフォンの津田志郎社長は22日、共同通信社とのインタビューで「来年に第2世代の端末を出して、終了する」と述べ、これまで主流だった第2世代携帯電話から、高速でデータ通信できる第3世代に経営資源を集中する考えを表明した。  ボーダフォンの利用者約1500万人のうち、第3世代は約30万人にとどまり、ライバルのNTTドコモ、KDDI(au)と比べ大幅に遅れている。第2世代の新機種を発売しないことで開発コストを抑えるほか、利用者が第3世代に移行するのを促す。数年後には全端末の半分程度を第3世代にしたい考え。  一方、第3世代向けの音楽配信サービスについて「一つの魅力あるメニューと考えており、当然やっていかなければいけない」と述べ、携帯電話で1曲丸ごとダウンロードする方式と、パソコンからデータを携帯電話に取り込む方式で、音楽配信サービスを拡大することを明らかにした。

これ,読み間違えないで下さいね.端末は2005年で終了なのであって,2G端末が2006年から使えなくなるわけではないということです.

正直なところ,3Gに邁進するならば2Gは切り捨てたいところでしょう.かといって停波という最終手段をとるにはまだユーザが多すぎるのでとりあえずは端末の販売を終了してゆるやかに3Gへ以降していただくということになりそうです.

「数年後には前端末の半分程度を第3世代にしたい考え」とあるので,これを読むと半分は2G端末なんでしょう(;^^)

そのためには日本主導による3G端末の設計をお願いします.特にステーション関係,無理だったらGPSで同様のことを使えるようにして欲しい.

« Willcomの新PHSサービス | トップページ | 請求書の葉書化とグローバルコールプラン廃止 »

ソフトバンクモバイル」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析