« NTT利用せず独自網 DDIポケット、来年度中に本格運用 | トップページ | NTT固定電話基本料金値下げへ. »

2004/09/30

SME、CCCDの「レーベルゲートCD」を終了へ

なんだそうです.

結局,レーベルゲートCD(というかCCCD)は一体何だったのでしょうか?

株式会社ソニー・ミュージックエンターテインメントは、2003年1月より導入してきたコピーコントロール CD「レーベルゲートCD」での音楽タイトルリリースを終了すると発表した。  同社の10月発売タイトルの一部から段階的に終了し、11月17日以降に発売する新譜からは全て 通常のCDとして発売する。


(AV Watch 09/30)


SMEのリリース

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区、代表取締役 榎本和友、以下SMEJ) を本社とするソニーミュージックグループのレーベルカンパニー各社は、著作権保護機能を付加したネッ トワーク認証型コピーコントロールCD“レーベルゲート CD” (※) 仕様を2004年10月発売タイトル分の一 部から段階的に終了し、同年11月17日以降発売する新譜については全て通常のコンパクト・ディスクと して発売することにいたしましたのでお知らせいたします。 ※“レーベルゲートCD” は“レーベルゲートCD2”を含みます。

なんだと.おまけに,こんなこともいってます.

 その導入より2年弱が経過した現時点において、導入前に比べますと、著作権保護に対して、多くの 音楽ユーザーの意識が高まり、一時の混乱期を脱したと判断されるとともに、法的環境の整備も進んで きました。   その状況に鑑み、SMEJでは、音楽ユーザーが求める音楽パッケージのあるべき姿について慎重な議 論を重ね、その結論として、新譜の発売について、“レーベルゲートCD”仕様の終了を決定いたしました。

10年後にはレーベルゲートCDが貴重品となってたりして^_^;

« NTT利用せず独自網 DDIポケット、来年度中に本格運用 | トップページ | NTT固定電話基本料金値下げへ. »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析