« DVDメディアいろいろ | トップページ | 頑張れ!ホークス!! »

2004/08/23

壊れかけのテレビ…

自室にあるテレビの調子が悪い.

去年の冬くらいからリモコンで電源をつけてもテレビが映らないことが多くなった.まぁ,10数年前に購入したテレビなのでそろそろ寿命かなと思いながら使い続けています.

冬の間は「寒いから」つかないんだろうと勝手に思っていました.なぜならば夕方になると映ることがあったから.おかげで正月は二度とつかないんじゃないかということで24時間つけっぱなしにしていました.

で,春になってテレビも調子良くなり夏を迎えるとなぜか朝だけテレビが映らないのです.夕方になると必ず映る.これは温度が低いからじゃないなと.

熱帯夜で汗かいた朝でもテレビがつかない.そりゃ温度が低いわけがない.

あれこれ考えた結果,どうも温度ではなく「電圧」と思えてきた.というのもブラウン管が寿命近くなってきたので従来の100V電圧では起動の電圧が足りないんじゃないか,と.

また,私の部屋は電圧が100Vないような気もしていた.部屋の電球をインバーターに変えたら電圧が低いせいかずっとチラチラしてしまい,結局1階の部屋に取りつけたら安定したということがあったから.


で,どうしたかというと,なぜだか家にはアメリカの電気製品を使うため?の昇圧トランスがあるのでした.これは,100Vコンセントを昇圧して115Vにするもので,以前海外製のモデムを個人輸入したら電圧が低くて安定しないということがあったときに買っていたものだったのです.

そこで昇圧トランスを探し出してテレビに接続したところ,ちゃんと一発で起動しました.


爆発するかもしれないけど,あと一年も使わないだろうからとりあえずテレビ君頑張ってくれ!!

« DVDメディアいろいろ | トップページ | 頑張れ!ホークス!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

広告


  • Googe Adsense

Ad




  • ネットショップ

Googleで検索

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

SNS

アクセス解析